> 伊豆大島 海の生き物達

サイト紹介

このサイトは、伊豆大島で見られた海の生き物達を分類分けにしてご紹介しています。

気が向いて撮影した写真をボチボチ更新していきます。

ご利用方法

①種の名前で検索:検索フォームに名前を入力

②目・科で調べる:カテゴリ


出来るだけ間違いのないように気をつけておりますが、
もし、お気づきの点がありましたら、ご連絡ください。

サイト管理:伊豆大島 あとぱぱダイビングサービス

ようこそ!伊豆大島 海の生き物たち

ヌノサラシ

ヌノサラシ
スズキ目
ヌノサラシ科


↓2019/2/15/ 秋の浜
ヌノサラシ幼魚



↓2017/10/10/野田浜 成長するとラインの数が増えてくるようです。
ヌノサラシ



↓2013/11/3/秋の浜/-10m/12cm/
ヌノサラシ



↓2011/11/21/秋の浜/-9m/D300/
ヌノサラシ幼魚



↓2011/11/16/秋の浜/-4m/XZ-1/
ヌノサラシ



↓2011/11/3/秋の浜/-9m/G10/
ヌノサラシ幼魚



↓2011/11/3/秋の浜/-9m/G10/
ヌノサラシ幼魚



↓2011/11/3/秋の浜/-9m/G10/
ヌノサラシ幼魚



↓2011/11/1/秋の浜/-9m/D300/
ヌノサラシ幼魚



↓2011/10/31/秋の浜/-9m/G10/
幼魚登場!!はじめてみたサイズです。感動~~
ヌノサラシ幼魚

ヌノサラシ幼魚




↓2011/7/6/野田浜/-7m/S90/
ヌノサラシ



↓2011/5/8/秋の浜/-10m/S90/
タブン、下の画像の個体だろう。同じ場所で見られた・・様子です。体には、かなりのダメージが・・
ヌノサラシ



↓2010/10/20/秋の浜/-10m/CanonG10/クリーニングしてもらっています。
ヌノサラシ幼魚



↓2010/10/14/秋の浜/-10m/NikonD300/
見られる時は、だいたいこの模様。幼魚しか見た事がない。さらに小さい時は、模様が、斑点だそうです。
ヌノサラシ幼魚

シロイバラウミウシ

シロイバラウミウシ
裸鰓目
ドーリス亜目
ネコジタウミウシ科
小型のウミウシで出会うサイズは、5~7mmくらいが多いようです。


↓2019/2/10/秋の浜
シロイバラウミウシ



↓2013/6/28/秋の浜/-3m/6mm/
シロイバラウミウシ



↓2009年3月1日:秋の浜:-22m:6mm
今回は、オオパンカイメンの上に居ました。後ろにもう1個体居ました。
シロイバラウミウシ

コールマンウミウシ

コールマンウミウシ
裸鰓目
ドーリス亜目
イロウミウシ科
ちょっと種の判断に困ってしまう。
触角・鰓は、黄色。
背面の黒線は、最後部では、繋がっているような・・・。肝心な部分が、鰓で隠れて居る。
背面は、やや黄色みを帯びている。
やはり・・・コールマン?
追記:黒いラインのつながりは、無視してよいらしい。という事で、コールマンに決定。



↓2019/1/27/ 秋の浜
コールマンウミウシ



↓2013/11/22/秋の浜/-12m/1.8cm/
コールマンウミウシ



↓2013/10/15/秋の浜/-10m/1.5cm/
コールマンウミウシ



↓2013/1/21/秋の浜/-20m/XZ-1/3cmくらい
コールマンウミウシ



↓2012/12/15/秋の浜/-12m/1.5cm/XZ-1/
コールマンウミウシ



↓2012/11/23/秋の浜/-20/2cm/XZ-1/
コ-ルマンウミウシ



↓2012/11/18/秋の浜/-24m/7mm/XZ-1/小さいと背中のラインの数も少ない。
コールマンウミウシ



↓2012/6/28/秋の浜/-25m/XZ-1/8mmくらい。
コールマンウミウシ



↓09年4月18日:秋の浜:-10m:3.5cmくらい
コールマンウミウシ



↓05年5月11日:秋の浜:2cmくらい。

ヒレボシミノカサゴ

ヒレボシミノカサゴ
カサゴ目
フサカサゴ科


↓2019/1/27/ 秋の浜
ヒレボシミノカサゴ幼魚

ヒレボシミノカサゴ幼魚



↓2009/1/5/秋の浜/-9m/D300/
ヒレボシミノカサゴ

↓同上
ヒレボシミノカサゴ

ソヨカゼイロウミウシ

ソヨカゼイロウミウシ
ドーリス下目
イロウミウシ科
アオウミウシ属


↓2019/1/24/ 秋の浜
ソヨカゼイロウミウシ

カエルアンコウモドキ

カエルアンコウモドキ
アンコウ目
カエルアンコウ科
カエルアンコウモドキ属



↓2019/1/23/ 秋の浜
カエルアンコウモドキ


カエルアンコウモドキ



↓2019/1/21/ 秋の浜
カエルアンコウモドキ


カエルアンコウモドキ

フィコカリス・シムランス

フィコカリス・シムランス
エビ類

十脚目 抱卵亜目 コエビ下目 テッポウエビ上科 モエビ科 Phycocaris属


↓2019/1/23/ 秋の浜
フィコカリス・シムランス



↓2019/1/21/ 秋の浜
フィコカリス・シムランス



↓2019/1/8/ 秋の浜
フィコカリス・シムランス



↓2018/1/30/秋の浜 数年ぶりに出会えた種 -6m付近でした。すごく小さいです。
フィコカリス・シムランス

フィコカリス・シムランス

フィコカリス・シムランス




↓2010年2月22日:秋の浜:-27m:7~8mm  こんなの・・・何度も見つかりません。
フィコカリス・シムランス


同一個体
フィコカリス・シムランス

キカモヨウウミウシ

キカモヨウウミウシ
裸鰓目 ドーリス亜目
イロウミウシ科


↓2019/1/20/ 秋の浜
キカモヨウウミウシ



↓2014/3/15/秋の浜/-9m/5mm/ 小さいので模様がシンプル
キカモヨウウミウシ



↓2012/5/12/秋の浜/-9m/XZ-1/6mmくらい。体の模様からも小さいのが、解りますね。
キカモヨウウミウシ



↓2012/2/16/ケイカイ/-10m/XZ-1/1.5cmくらい。
キカモヨウウミウシ



↓2011/12/18/秋の浜/-12m/XZ-1/9mmくらい
キカモヨウウミウシ



↓2011/2/4/秋の浜-4m/NikonD300/1cmくらいのかわいらしいサイズでした。イボウミウシのような体の模様ですが、触角・鰓に違いがあります。
キカモヨウウミウシ

ホヤカクレエビの仲間

ホヤカクレエビの仲間



↓2019/1/20/ 秋の浜
ホヤカクレエビの仲間



↓2017/3/30/秋の浜 いつも見ているホヤカクレエビとは、体色が違います。鋏脚の形も違う感じですね~
ホヤカクレエビ

ホヤカクレエビ

サガミミノウミウシ

サガミミノウミウシ
裸鰓目
ミノウミウシ亜目
アオミノウミウシ科
体色に変異あり。透明感があります。


↓2019/1/18/ 秋の浜
サガミミノウミウシ



↓2011/4/19/秋の浜/-17m/D300/
2cmくらいでした。ウミトサカの根本についていました。
最初は、くるまっていたので何かのタマゴ?と思いましたが、動き出すとウミウシ・・・
サガミミノウミウシ



↓2009年4月22日:秋の浜:-3m:3.5cmくらい。いつものウミウシの溝で発見。
サガミミノウミウシ

セスリイロウミウシ

セスリイロウミウシ
ドーリス下目
イロウミウシ科
アオウミウシ属


↓2019/1/18/ 秋の浜
セスリイロウミウシ



↓2019/1/3/ 秋の浜 *クラカトアウミウシと呼ばれていました。
セスリイロウミウシ

シリウスベニハゼ

シリウスベニハゼ
スズキ目
ハゼ科
ベニハゼ属



↓2019/1/17/ 秋の浜
シリウスベニハゼ

ウィランイボウミウシ

ウィランイボウミウシ
裸鰓目 ( NUDIBRANCHIA )
ドーリス亜目 ( DORIDINA )
イボウミウシ科 ( PHYLLIDIIDAE )
タテヒダイボウミウシ属 ( Phyllidia )


↓2019/1/14/ 秋の浜
ウィランイボウミウシ

トサヤッコ

トサヤッコ
スズキ目
キンチャクダイ科
成長すると20cmくらいになるそうです。雌性先熟。雄になると、模様が変化。



↓2019/1/11/ 秋の浜
トサヤッコ



↓2011/9/22/秋の浜/-29m/C760/ いつも少し深い場所で登場。
トサヤッコ幼魚



↓2010/12/3/秋の浜/CanonG10/大島では、幼魚サイズだけしか、見たことがない。
トサヤッコ幼魚

ナメラヤッコ

ナメラヤッコ
スズキ目
キンチャクダイ科


↓2019/1/10/ 秋の浜
ナメラヤッコ



↓2013/11/19/秋の浜/-13m/4.5cm/
ナメラヤッコ幼魚



↓2011/9/16/秋の浜/-4m/C760/かなりチョコマカしてます。4cmくらい
ナメラヤッコ幼魚

クセニアウミウシ属1種1

クセニアウミウシ属1種1
裸鰓目
ミノウミウシ亜目
アオミノウミウンシ科
クセニアウミウジ属


↓2019/1/5/ 秋の浜
クセニアウミウシ属



↓2013/6/28/野田浜/-6m/1.7cm/ 今回もイソバナにいました。
クセニアウミウシ属の1種



↓2012/8/18/ケイカイ/-6m/XZ-1/
ウミウシの下側でイソバナに巻きついているものは、タマゴのようです。
クセニアウミウシ属1種1



↓2011/2/3/ケイカイ/-8m/NikonD300/
大きさは、1cmくらいだった。ミノの中身が、・・すごい。
クセニアウミウシ属の1種



↓2010/9/12/野田浜/-12m/1cm/canonS90/イソバナについている所。ホント・・綺麗なウミウシです。
クセニアウミウシ属の1種

アオセンミノウミウシ

アオセンミノウミウシ
裸鰓目 ( NUDIBRANCHIA )
ミノウミウシ亜目 ( AEOLIDINA )
オショロミノウミウシ科 ( TERGIPEDIDAE )
オショロミノウミウシ属 ( Cuthona )


↓2018/12/23/ 秋の浜
12-23-IMG_9224.jpg

コガラシエビ

コガラシエビ
エビ類
テナガエビ科


↓2018/12/27/ 秋の浜
コガラシエビ

コガラシエビ

アカテンミノウミウシ

アカテンミノウミウシ
裸鰓目
ミノウミウシ亜目
オショロウミウシ科
オショロウミウシ属


↓2018/12/23 & 26/ 秋の浜
12-23-IMG_9239.jpg

12-26-IMG_9429.jpg



↓2012/12/16/秋の浜/-4m/S100/5mmくらい。肉眼では、赤い点が見えないよ~
アカテンミノウミウシ

イソバナガニ

イソバナガニ
カニ類
クモガニ科
イソバナガニ属


↓2018/12/7/ 秋の浜
イソバナガニ



↓2014/10/14/秋の浜/-10m/ 個人的には、初めて見る種です。かなり小さい個体でした。大島では、珍しいはず。
イソバナガニ

イソバナガニ

ツマジロオコゼ

ツマジロオコゼ
カサゴ目
ハオコゼ科
ツマジロオコゼ属


↓2018/12/4/ 秋の浜
ツマジロオコゼ



↓2015/11/28/秋の浜/-5m/6cm/ 久しぶりに出会えました。枯葉の様な容姿です。
ツマジロオコゼ

ハナゴンベ

ハナゴンベ
スズキ目
ハタ科
ハナダイの仲間


↓2018/12/4/ 秋の浜
ハナゴンベ幼魚



↓2016/12/20/秋の浜
ハナゴンベ



↓2016/9/24/秋の浜/
ハナゴンベ



↓2016/8/28/秋の浜/
ハナゴンベ



↓2016/2/10/秋の浜/-27m/1.4cm/
ハナゴンベ幼魚

ハナゴンベ幼魚

ハナゴンベ幼魚



↓2011/11/9/秋の浜/-44m/D300/個人的には、初めて見る種です。大島では、珍しい。
ハナゴンベ幼魚

ハンゴンベ幼魚

ハダカハオコゼ

ハダカハオコゼ
カサゴ目
フサカサゴ科
ハダカハオコゼ属


↓2018/12/4/ 秋の浜
ハダカハオコゼ



↓2015/9/3/秋の浜/.-26m/3cm/
ハダカハオコゼ幼魚

セダカギンポ

セダカギンポ
スズキ目
イソギンポ科



セダカギンポ


セダカギンポ

ヒラムシの仲間

ヒラムシの仲間


↓2018/12/2/ 秋の浜
ヒラムシの仲間

コナフキウミウシ

コナフキウミウシ
裸鰓目
ドーリス亜目
フジタウミウシ科
フジタウミウシ亜科
なんとも特長の説明が出来ない種ですね。。。



↓2018/12/1/ 秋の浜
コナフキウミウシ



↓09年7月23日:秋の浜:-8m:6mmくらい 相変わらず・・・小さいし・・地味な感じ・・。
コナフキウミウシ



↓09年5月14日:秋の浜;-10m:7mmくらい
コナフキウミウシ

ミネミズエビ

ミネミズエビ
エビ類
テナガエビ科



↓2018/11/28/ 秋の浜 抱卵中です。
ミネミズエビ



↓2013/11/21/秋の浜/-28m/9mm/
ミネミズエビ



↓2012/1/13/秋の浜/-31m/D300/体が透明。9mmくらい。これは、見つけ難い!
ミネミズエビ

アワシマオトメウミウシ

アワシマオトメウミウシ
裸鰓目 ( NUDIBRANCHIA )
タテジマウミウシ亜目 ( ARMININA )
タテジマウミウシ科 ( ARMINIDAE )
オトメウミウシ属 ( Dermatobranchus )


↓2018/11/28/ 秋の浜
アワシマオトメウミウシ
伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示