> 伊豆大島 海の生き物達

ツガルウミウシ属1種2

ツガルウミウシ属1種2
裸鰓目
ドーリス亜目
ネコジタウミウシ科
ツガルウミウシ属


↓2016/9/26/秋の浜
ツガルウミウシ属1種2

フリエリイボウミウシ

フリエリイボウミウシ
裸鰓目
ドーリス亜目
イボウミウシ科
フリエリイボウミウシ属


↓2016/9/25/ケイカイ/ 小さな個体でした
フリエリイボウミウシ



↓2013/10/14/秋の浜/2.5cm/
フリエリイボウミウシ



↓2013/2/11/秋の浜/-20m/XZ-1/
フリエリイボウミウシ
フリエリイボウミウシ



↓2012/11/23/秋の浜/-21m/XZ-1/交接中です。
フリエリイボウミウシ



↓2011/3/20/秋の浜/-25m/S90/1.5cmくらいでした。この種にしては、小さな個体に出会えました。
フリエリイボウミウシ



↓2011/1/24/秋の浜/-25m/CanonS90/1.3cmくらい。
フリエリイボウミウシ



↓2010年4月11日:秋の浜:-11m付近:2.5cmくらい この個体・・・ずっと同じ場所に居る。
フリエリイボウミウシ

ミヤコウミウシ

ミヤコウミウシ
裸鰓目 ドーリス亜目
クロシタナシウミウシ科
クロシタナシウミウシ属



↓2016/9/24/王の浜/ 珍しい色合い
ミヤコウミウシ



↓2015/11/9/秋の浜/-3m/2.5cm/
ミヤコウミウシ



↓2014/8/9/秋の浜/ 1.3cm/
ミヤコウミウシ



↓2012/10/7/ケイカイ/-7m/XZ-1/3・5cmくらいの個体 このバージョンが、大島ではスタンダードです。
ミヤコウミウシ



↓2010/7/31/野田浜/-11m/2cm/Canon/S90/
いつも見かけるタイプの色でなかったので、最初は、???でした。伊豆大島では、このバージョンは、珍しいかも。
ミヤコウミウシ

シロタエイロウミウシ

シロタエイロウミウシ
裸鰓目
ドーリス亜目
イロウミウシ科
イロウミウシ属


↓2016/9/23/秋の浜/ 産卵中です。
シロタエイロウミウシ



↓2012/3/28/秋の浜/-21m/D300/大きさは、4mm。シロタエイロか?
シロタエイロウミウシ?



↓2011/2/9/秋の浜/-10m/F31fd/3.5cmくらい。真っ白な体色が、特徴的です。
シロタエイロウミウシ

キイロウミウシ

キイロウミウシ
裸鰓目
ドーリス亜目
イロウミウシ科・イロウミウシ属
伊豆大島では、よく見られる方のウミウシです。


↓2016/9/23/秋の浜/ 触覚が1本だけの奇形タイプ
キイロウミウシ



↓2012/8/31/ケイカイ/-7m/XZ-1/1,2cmくらい
キイロウミウシ幼体



↓2012/4/8/秋の浜/-13m/XZ-1/3cmくらい
キイロウミウシ



↓2011/8/26/秋の浜/-23m/F31fd/全部で8個体。
集団で食事中なのだと思いますが・・ここには、そんなに美味しいものがあったのか?もう跡形もありませんでした。
キイロウミウシ



↓2011/5/8/秋の浜/-16m/S90/整列してました。
キイロウミウシ



↓2011/3/3/秋の浜/-3m/D300/3cmくらいの個体です。
キイロウミウリシ



↓2011/2/4/秋の浜/-10/F31fd/大きさは、6cmくらいでした。
キイロウミウシ



↓2010/9/5/秋の浜/-25m/Canon/S90/今年も例年通りによく出会えています。今回は、交接シーンです。
キイロウミウシ交接



↓2005年5月24日:この個体は、小さいです。この種にしては、このサイズ・・・珍しいです。ちょっとかじられているのでしょうか・・
キイロウミウシ

パイナップルウミウシ

パイナップルウミウシ
裸鰓目
ドーリス亜科
ドーリス科
伊豆大島では、あまり見かけない。似た奴でインターネットの遭遇率は、高い。
背面の模様には、バリエーションが多いようです。


↓2016/7/23/野田浜/
パイナップルウミウシ



↓2014/5/8/秋の浜/-13m/3.5cm/
パイナップルウミウシ



↓05年4月7日

シロウサギウミウシ

シロウサギウミウシ
裸鰓目 ドーリス亜目
イロウミウシ科
シラユキウミウシ属


↓2016/7/21/ケイカイ/
シロウサギウミウシ
2016/7/23/ケイカイ
シロウサギウミウシ




↓2012/9/1/ケイカイ/-5m/XZ-1/1.3cmくらい。ウミウシの後方にある白いものは、タマゴのようです。
シロウサギウミウシ



↓2011/2/6/ケイカイ/-7m/NikonD300/5mmくらいでした。鰓が、白い?ようにも感じるが、ほとんど出ていないのでなんともいえない。
シロウサギウミウシ



↓05年4月16日

ヒメコモンウミウシ

ヒメコモンウミウシ
裸鰓目
ドーリス亜目
イロウミウシ科
コモンウミウシ属


↓2016/7/3/秋の浜
ヒメコモンウミウシ



↓2010年4月4日:秋の浜:-16m付近:4mmくらい
小さいので肉眼では、種の判断が出来ませんでした。幼体なので、模様もまだ鮮明じゃないようです。
ヒメコモンウミウシ



↓2009年8月29日:ケイカイ:-10m:3.5cmくらい
この種にしては、大きめだったと思います。あまり出会うチャンスがないので・・すぐに種の名前が思いつきません・・・でした。 だたの記憶力不足??
そんな時には、やっぱり証拠写真を撮影しておくのはいいですね!コンデジは、ホント便利だ!

フジタウミウシ

フジタウミウシ
裸鰓目
ドーリス亜目
フジタウミウシ科
フジタウミウシ亜科
フジタウミウシ属


↓2016/6/28/野田浜
フジタウミウシ

ボンボリイロウミウシ

ボンボリイロウミウシ
裸鰓目 ( NUDIBRANCHIA )
ドーリス亜目 ( DORIDINA )
イロウミウシ科 ( CHROMODORIDIDAE )
コモンウミウシ属 ( Chromodoris )


↓2016/2/29/秋の浜/-3m/4mm/
ボンボリイロウミウシ

オレンジサメハダウミウシ

オレンジサメハダウミウシ
裸鰓目 ( NUDIBRANCHIA )
ドーリス亜目 ( DORIDINA )
ドーリス科 ( DORIDIDAE )
イソウミウシ属 ( Rostanga )


↓2016/2/13/秋の浜/-4m/1cm/
2-13-IMG_1970.jpg

ミナミヒョウモンウミウシ

ミナミヒョウモンウミウシ
裸鰓目 ( NUDIBRANCHIA )
ドーリス亜目 ( DORIDINA )
ドーリス科 ( DORIDIDAE )
ヨルンナ属 ( Jorunna )


↓2016/1/26/秋の浜/-24m/ ジュズエダカリナに2個体。タマゴも2か所で産み付けてあります。
ミナミヒョウモンウミウシ



↓2014/12/21/秋の浜/-20m/2cm/ ジュズエダカリナに住み着いていました。
カイメンを食べるので、そのカイメンの色に変化するようです。今回は、タマゴを産み付けていました。
中央が、ウミウシ。両サイドがタマゴです。
ミナミヒョウモンウミウシ

イバラウミウシ属1種-4

イバラウミウシ属1種-4
裸鰓目
ドーリス亜目
ネコジタウミウシ科
イバラウミイウシ属



↓2016/1/11/秋の浜/-14m/4mm/
イバラウミウシ属1種-4



↓2013/7/12/秋の浜/-7m/5mm/
イバラウミウシ属1種-4

ミカドウミウシ

ミカドウミウシ
裸鰓目
ドーリス亜目
ミカドウミウシ科
ミカドウミウシ属
大型に成長する種。大島では、成体の方が珍しい。



↓2016/1/8/秋の浜/-4m/2cm/ このくらいのサイズでこの色合いなのは、初めてみました。
ミカドウミウシ幼体



↓2012/12/19/秋の浜/-3m/XZ-1/1cmくらい。幼体です。
ミカドウミウシ



↓2012/11/17/秋の浜/-10m/20cm/XZ-1/このミカドウミウシには、数匹のウミウシカクレエビが乗っていました。
ミカドウミウシ



↓2012/7/8/秋の浜/-24m/XZ-1/ゲストさん発見の交接シーンです。人生初!翌日には、もう居ない~
ミカドウミウシ交接



↓2012/2/11/秋の浜/-15m/XZ-1/最初は、岩に張り付いていたのでなんだかよく解りませんでした。気になったのでちょっと触ると・・コレ。伸びると大きい~
ミカドウミウシ



↓2011/10/22/秋の浜/-3m/S90/7mmくらいの幼体です。
ミカドウミウシ幼体



↓2010/11/1/王の浜/-3m/NikonD300/パット見は、キャラメルの濃いヤツ?だと思ったら、ミカドでした。この個体で2cmチョイ・・。すでに成長した時の体色になっています。下の画像の個体から・・・どんな変化をしていくのだろう? 中途半端な個体が見たいな~
ミカドウミウシ



↓2010年5月14日:王の浜:-3m付近:6mmくらい 小さかったです。まだ、透明感を感じるほど・・・。
ミカドウミウシ幼体



↓09年7月19日:秋の浜:-3m:1.5cmくらい   海藻の上に乗っていました。この子が、どんどん大きくなるとは・・・想像できない。
ミカドウミウシ・



↓2009/1/17/秋の浜/-16m/c760/ 30cmくらいありました。こんな立派なのは、珍しい。コレには、ウミウシカクレエビも2匹乗っていました。
ミカドウミウシ

モザイクウミウシ

モザイクウミウシ
裸鰓目 ( NUDIBRANCHIA )
ドーリス亜目 ( DORIDINA )
ドーリス科 ( DORIDIDAE )
ヒオドシウミウシ属 ( Halgerda )


↓2015/12/29/王の浜/-3m/3cm/ 湾内で出会えました。
モザイクウミウシ

テヌウニシキウミウシ

テヌウニシキウミウシ
裸鰓目
ドーリス亜目
イロウミウシ科
ニシキウミウシ属


↓2015/12/18/ 秋の浜/
テヌウニシキウミウシ



↓2014/9/24/秋の浜/-5m/4cm/
テヌウニシキウミウシ



↓2013/4/17/秋の浜/-3m/7mm/
テヌウニシキウミウシ



↓2011/9/3/秋の浜/-6m/D300/
2個体一緒に居ました。5cmくらいの個体です。ニシキウミウシに似ている。
テヌウニシキウミウシ

トサカリュウグウウミウシ

トサカリュウグウウミウシ
裸鰓目 ドーリス亜目
フジタウミウシ科
クロスジリュウグウウミウシ亜科
クロスジリュウグウウミウシ属

ここに掲載されている各個体には、体のベースの色合いは、ほぼ同じですが、オレンジの模様に多少の違いがあります。
体の縁が、オレンジのラインで縁取られているタイプとそうでないタイプ。
これにより種の違いがあるかもしれません。



↓2015/11/30/秋の浜/  縁取りのあるタイプ
トサカリュウグウウミウシ



↓2014/12/6/秋の浜/-12m/ 同一個体です。 下の画像(12/21)は、少し明るく撮影したので、こんな色になってます。成長したかな・・
トサカリュウグウウミウシ
トサカリュウグウウミウシ




↓2014/11/24/ケイカイ/-7m/4mm/ 縁取りのあるタイプ
トサカリュウグウウミウシ



↓2012/3/7/秋の浜/-14m/XZ-1/4mmくらい。コケムシの仲間の上に乗っていた。コレが餌です。
トサカリュウグウウミウシ幼体



↓2011/3/30/秋の浜/G10/
トサカリュウグウウミウシ



↓2010年5月14日:ケイカイ:-10m付近:6mmくらい:CanonS90
まだ、幼体です。成長すると体色も変化。でも、大きな個体を大島で見た事がない。
トサカリュウグウウミウシ



↓2009/2/7/秋の浜/-20m/C760/4~5mmでした。
トサカリュウグウウミウシ

エダウミウシ

エダウミウシ
裸鰓目 ( NUDIBRANCHIA )
ドーリス亜目 ( DORIDINA )
フジタウミウシ科 ( POLYCERIDAE )
ハナサキウミウシ亜科 ( TRIOPHINAE )
エダウミウシ属 ( Kaloplocamus )


↓2015/11/16/野田浜/-12m/1.3cm/
エダウミウシ



↓2014/3/18/秋の浜/-3m/2.5cm/
エダウミウシ



↓2010年3月2日:秋の浜:-6m:1.3cmくらい
7cmにも達するそうですが、そんなの見たことない。 この個体は、水底に転がっていました。
エダウミウシ

ヒロウミウシ

ヒロウミウシ
裸鰓目
ドーリス亜目
ネコジタウミウシ科
ピンクのコケムシを食べるそうです。10mmに達するそうです。



↓2015/11/14/王の浜/-6m/ この場所に5個体居ました。
ヒロウミウシ



↓2012/7/7/秋の浜/-24m/XZ-1/浅い場所に居る・・というイメージでしたが、今回は-24mでした。
ヒロウミウシ



↓2011/4/13/ケイカイ/-9m/S90/5mmくらい。今シーズン初でした。
ヒロウムシ



↓09年6月21日:秋の浜:-13m:7mmくらい。今回は、海藻の上に乗っていました。今年すでに何度か出会えているので、すぐに解るようになったみたい・・・!?
ヒロウミウシ



↓09年4月18日:秋の浜:-3m:8mmくらい:今シーズン2個体目。 今回は、岩場を歩いて居る最中でした。
ヒロウミウシ



↓09年4月11日:秋の浜:-17m:5mmくらい 水底に置いて、撮影。こんなのが、岩肌に付いていても多分・・・・見つからん。個人的には、初めて見た種です。
ヒロウミウシ



↓09年4月11日:秋の浜:-17m:5mmくらい 最初は、こんな風に浮遊していました。
ヒロウミウシ

コミドリリュウグウウミウシ

コミドリリュウグウウミウシ
裸鰓目
ドーリス亜目
フジタウミウシ科
クロスジリュウグウウミウシ亜科
ニシキリュウグウウミウシ属


↓2015/11/8/秋の浜/-13m/ ほんの少し成長するとこのような体色に変化。
コミドリリュウグウウミウシ



↓2015/2/7/秋の浜/-20m/3mm/ 体のシワのような模様が写りました。
コミドリリュウグウウミウシ



↓2014/3/12/秋の浜/-13m/2.5mm/
コミドリリュウグウウミウシ



↓2013/3/2/秋の浜/-9m/XZ-1/4mmくらい
コミドリリュウグウウミウシ



↓2012/10/13/秋の浜/-10m/XZ-1/
コミドリリュウグウウミウシ



↓2012/10/8/秋の浜/-10m/XZ-1/大きさ3mmくらいです。
コミドリリュウグウウミウシ

キイロイボウミウシ

キイロイボウミウシ
裸鰓目 ドーリス亜目
イボウミウシ科
タテヒダウミウシ属


↓2015/8/15/秋の浜/-16m/ 産卵中でした。
キイロイボウミウシ産卵中



↓2011/2/19/秋の浜/-14m/CanonS90/4.5~5cmくらい。
大島では、このパターンの配色が主流。他のパターンを探しているんですが・・・早々出会えるモンじゃない。
キイロイボウミウシ

ウスイロウミウシ

ウスイロウミウシ
裸鰓目 ドーリス亜目
イロウミウシ科

↓2015/8/4/秋の浜/-3m/ 産卵中です
ウスイロウミウシ・産卵中



↓2015/7/17/秋の浜/-3m/ 卵を産み付けてありました。
ウスイロウミウシ



↓2013/6/6/秋の浜/-3m/1cm/
ウスイロウミウシ



↓2010/6/18/秋の浜/-2m/1.5cm/NikonD300/
出会う場所は、だいだい浅い場所。浅場を好む種だと思う。
ウスイロウミウシ

ニシキウミウシ

ニシキウミウシ
裸鰓目
ドーリス亜目
イロウミウシ科
大変、ポピュラーなウミウシです。8~10cmくらいまで成長するようです。
色彩に変異があるので、見比べてみると面白い。
以前は、幼体サイズの色彩のバリエーションを別種として紹介していました。
*フタイロニシキ・フルーツポンチ


↓2015/7/14/秋の浜/-15m/12cm/ 交接中です。
ニシキウミウシ交接



↓2014/8/9/秋の浜/-12~10m/ 別の個体です。上のような模様から下のような模様に変化する・・はず。
ニシキウミウシ幼体
ニシキウミウシ幼体



↓2014/7/8/秋の浜/-25m/5cm/ フタイロタイプの少し成長した個体です。
ニシキウミウシ



↓2012/4/6/秋の浜/-16m/XZ-1/2.3cmくらい。フルーツポンチタイプで少し成長した様子です。
ニシキウミウシ幼体



↓2011/6/23/秋の浜/-20m/S90/今シーズンは、このシーンに出会うチャンスがある。
ニシキウミウシ交接


ニシキウミウシ交接



↓2011/6/11/秋の浜/-30m/S90 交接していました。
ニシキウミウシの交接



↓2011/5/21/秋の浜/-26m/S90/1cmくらいの個体。幼体のサイズです。
ニシキウミウシ幼体



↓2011/3/25/秋の浜/-22m/D300/1.2cmくらいでした。
ニシキウミウシ・幼体



↓2011/2/20/秋の浜/-15m/CanonS90/体前半部分の外周・斑点の縁取りが、少ないタイプ。
ニシキウミウシ



↓2011/2/18/秋の浜/-19m/CanonS90/1.3cmくらいでした。
ニシキウミウシ・幼体



↓2011/2/15/秋の浜/-10m/F31fd/前回見た子と同じだろう。近い場所で見つかりました。触角をよく見てください。奇形です。
ニシキウミウシ奇形



↓2011/2/12/秋の浜/-18m/CanonS90/8cmくらいです。紫色の細いラインの縁取りが、あるタイプです。
ニシキウミウシ



↓2010/10/23/秋の浜/-15m/CanonS90/この体色パターンもニシキです。
ニシキウミウシ



↓2010/8/15/秋の浜/-12m/12cm/FinePixF31fd/よく見かけるニシキウミウシなのですが・・・交接シーンは、そうそう出会えません。
ニシキウミウシの交接



↓2010/6/11/秋の浜/-11m/1.2cm/NikonD300/どうも・・・撮影するのが幼体にかたよるな~成体にもバリエーションがあるので撮らないと・・・ですね。
ニシキウミウシ



↓09年4月9日:秋の浜:-15m:7mmくらい。こんな小さいのは、初めて?:フタイロタイプ
ニシキウミウシ・幼体



↓09年3月4日:野田浜:-8m:7cm:オレンジのタイプ
ニシキウミウシ 

↓05年5月8日:秋の浜:2cmくらい:トリミング画像:以前は、フルーツポンチと呼ばれていたタイプ。
ニシキウミウシ・幼体



↓05年5月7日:以前は、フタイロニシキと呼ばれていました。今は、ニシキウミウシの幼体として確認されています。 トリミング画像
ニシキウミウシ・幼体 

クモガタウミウシ

クモガタウミウシ
裸鰓目
ドーリス亜目
ドーリス科
クモガタウミウシ属


↓2015/7/11/秋の浜/
クモガタウミウシ



↓2015/5/17/秋の浜/-9m/ 2個体並んでいる所です。1個体は、12cmくらいあります。
クモガタウミウシ



↓2013/8/2/野田浜/-8m/12cm/ 上側は、ツルガチゴミノウミウシです。下の汚い色のが、クモガタウミウシです。
クモガタウミウシ

ムツイバラウミウシ

ムツイバラウミウシ
裸鰓目 ( NUDIBRANCHIA )
ドーリス亜目 ( DORIDINA )
ネコジタウミウシ科 ( GONIODORIDIDAE )
イバラウミウシ属 ( Okenia )



↓2015/6/8/秋の浜/-3m/5mm/
ムツイバラウミウシ

ミゾレウミウシ

ミゾレウミウシ
裸鰓目
ドーリス亜目
イロウミウシ科
コモンウミウシ属


↓2015/5/27/秋の浜/-3m/1.5cm/
ミゾレウミウシ



↓2014/4/19/秋の浜/-33m/5mm/
ミゾレウミウシ



↓2012/12/4/秋の浜/-10m/1.2cm/XZ-1/
ミゾレウミウシ



↓2011/12/16/秋の浜/-10m/D300/約3cmの個体です。
ミゾレウミウシ

サンカクウミウシ

サンカクウミウシ
裸鰓目 ( NUDIBRANCHIA )
ドーリス亜目 ( DORIDINA )
ドーリス科 ( DORIDIDAE )
サンカクウミウシ属 ( Siraius )


↓2015/5/27/秋の浜/-10m/2.7cm/
サンカクウミウシ

アカボシウミウシ

アカボシウミウシ
裸鰓目
ドーリス亜目
キヌハダウミウシ科
キヌハダウミウシ属


↓2015/5/25/王の浜/-3m/5mm/
アカボシウミウシ



↓2015/4/11/秋の浜/-2m/9mm/
アカボシウミウシ



↓2015/4/1/秋の浜/-5m/9mm/ 
アカボシウミウシ



↓2012/4/15/王の浜/-6m/XZ-1/8mmくらいでした。
アカボシウミウシ

セトリュウグウウミウシ

セトリュウグウウミウシ
裸鰓目
ドーリス亜目
フジタウミウシ科
クロスジリュウグウウミウシ亜科
この種は、初めて出会えました。第一印象は・・・派手~。



↓2015/5/24/秋の浜/-20m/2.2cm/
セトリュウグウウミウシ



↓2009年3月28日:秋の浜:-26m:2.5cmくらい。岩の上に乗っていました。
セトリュウグウウミウシ

コソデウミウシ

コソデウミウシ
裸鰓目 ( NUDIBRANCHIA )
ドーリス亜目 ( DORIDINA )
フジタウミウシ科 ( POLYCERIDAE )
フジタウミウシ亜科 ( POLYCERINAE )
フジタウミウシ属 ( Polycera )



↓2015/5/24/野田浜/-0.5m/4mm/ お初です。
コソデウミウシ
伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示