> 伊豆大島 海の生き物達

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オセザキオトメウミウシ

オセザキオトメウミウシ
裸鰓目
タテジマウミウシ亜目
タテジマウミウシ科
オトメウミウシ属


↓2017/8/6/ 
オセザキオトメウミウシ

スポンサーサイト

タマガワコヤナギウミウシ

タマガワコヤナギウミウシ
裸鰓目
タテジマウミウシ亜目
コヤガニウミウシ科
コヤナギウミウシ属


↓2016/12/27/秋の浜
タマガワコヤナギウミウシ



↓2014/11/24/野田浜/-6m/1.8cm/ 浮遊していた時を発見 !(^^)! すごい・・容姿です。
タマガワコヤナギウミウシ



↓2010年3月14日:野田浜:-12m:6mmくらい
この位のサイズだと存在は解るんですが、模様はチンプンカンプン。
とにかく撮って来てから・・・です。でも・・・この種名であってます?
個人的には、初めて見る種でした。追記:ウミウシ図鑑の著者:小野さんに判断してもらいました。
タマガワコヤナギウミウシ

サメジマオトメウミウシ

サメジマオトメウミウシ
裸鰓目 ( NUDIBRANCHIA )
タテジマウミウシ亜目 ( ARMININA )
タテジマウミウシ科 ( ARMINIDAE )
オトメウミウシ属 ( Dermatobranchus )


↓2014/7/7/秋の浜/-6m/8mm/ 浅い場所で見かけるウミウシです。
サメジマオトメウミウシ

ハナオトメウミウシ

ハナオトメウミウシ
裸鰓目
タテジマウミウシ亜目
タテジマウミウシ科
オトメウミウシ属

↓2014/6/19/秋の浜/-28m/6^7cm/ 交接中でした。
ハナオトメウミウシ



↓2012/6/17/秋の浜/-16m/F31fd/
ハナオトメウミウシ



↓2012/2/2/秋の浜/-31m/S90/大きさ7~8cmの個体でした。秋の浜では、深い場所で見かける種。
ハナオトメウミウシ

ミルクオトメウミウシ

ミルクオトメウミウシ
裸鰓目
タテジマウミウシ亜科
タテジマウミウシ科
オトメウミウシ属


↓2014/4/20/秋の浜/-24m/ ウミトサカに張り付いていました。これミルクオトメでいいのか?
ミルクオトメウミウシ



↓2011/2/3/ケイカイ/-12m/F31fd/
大きさは、3.5cmくらい。  下の画像の個体とちと・・・印象が違うな~。?マークにしておきます。
ミルクオトメウミウシ



↓2010年3月30日:秋の浜:-10m:3cmくらい
オトメウミウシ属の中では、あまり出会えない種です。大きめだな~という印象でした。
ミルクオトメウミウシ

ホソハスエラウミウシ

ホソハスエラウミウシ
裸鰓目
タテジマウミウシ亜目
タテジマウミウシ科
タテジマウミウシ属


↓2014/4/9/秋の浜/-26m/1cm/
ホソハスエラウミウシ

ハスエラタテジマウミウシ

ハスエラタテジマウミウシ
裸鰓目
タテジマウミウシ亜目
タテジマウミウシ科
タテジマウミウシ属

↓2014/5/16/秋の浜/-10m/1cm/ 伊豆大島では、見かける事が少ない種です。
ハスエラタテジマウミウシ

サギリオトメウミウシ

サギリオトメウミウシ
裸鰓目・タテジマウミウシ亜科
伊豆大島での遭遇率は、そんなに多くないようです。*珍しいわけではないと思う。
背面には、細かいライン。



↓2014/3/16/秋の浜/-12~13m/上:1.5cm 下:3cm/
サギリオトメウミウシ
サギリオトメウミウシ



↓2012/3/29/秋の浜/-24m/D300/1.5cmくらい。
サギリオトメウミウシ



↓2011/1/24/秋の浜/-26m/CanonS90/トゲトサカの中に居ました。食事中のようです。
サギリオトメウミウシ



↓09年4月1日:秋の浜:-28m:1.3cmくらい ウミトサカの仲間を食べるそうです。
サギリオトメウミウシ



↓05年3月11日

ホソジマオトメウミウシ

ホソジマオトメウミウシ
裸鰓目
タテジマオトメウミウシ亜目
タテジマオトメウミウシ科
オトメウミウシ属


↓2013/4/28/秋の浜/-11m/3cm/
ホソジマオトメウミウシ



↓2010/11/4/王の浜/-14m/FinePixF31fd/あまり見かけない種です。大きさは、7cmくらいありました。
ホソジマオトメウミウシ

マドレラ・フェルギノーサ

マドレラ・フェルギノーサ
裸鰓目
タテジマウミウシ亜目
ショウジョウウミウシ科
ショウジョウウミウシ属



↓2018/6/1/秋の浜
マドレラ・フェルギノーサ



↓2013/4/14/秋の浜/-16m/3.5cm/
マドレラ・フェルギノーサ

ダイオウタテジマウミウシ

ダイオウタテジマウミウシ
裸鰓目 タテジマウミウシ亜目
タテジマウミウシ科



↓2012/4/17/秋の浜/-15m/D300/
大きさは、8cmくらい。

ダイオウタテジマウミウシ



↓2010/7/2/秋の浜/-24m/9cm/FinePixF31fd/
砂地を住処にしている種。大型です。
稀に産み付けてあるタマゴにも出会えます。

ダイオウタテジマウミウシ

ハナショウジョウウミウシ

ハナショウジョウウミウシ
裸鰓目
タテジマウミウシ亜目
ショウジョウウミウシ科
図鑑には、2cmに達するとあるが伊豆大島で出会う個体は、4cm以上ある個体がほとんど。
小さな個体に出会えない。


↓2011/6/4/秋の浜/-22m/S90/
1.3cmくらいでした。海中では、黒く見えます。

ハナショウジョウウミウシ






↓2010/9/29/秋の浜/-5m/NikonD300/
大きさは、8mmくらいでした。タブンこれが幼体?・・やっと出会えた!

ハナショウジョウウミウシ



↓09年7月15日:秋の浜:-17m:3cmくらい
今年は、出会う機会が多めのように感じます。

ハナショウジョウウミウシ



↓09年4月24日:秋の浜:-12m:4.5cmくらい。
いつものことながら・・・よく動く種です。

ハナショウジョウウミウシ

トゲトゲウミウシ

トゲトゲウミウシ
裸鰓目
タテジマウミウシ亜目
コヤナギウミウシ科
海藻に付いている所に出会うことが多いようです。

↓09年4月19日:秋の浜:-15m:1.5cmくらい:今シーズンは、まだほんの数回しか出会えていません。

トゲトゲウミウシ



↓2009/2/1/秋の浜/-14m/D300/
5mmくらい。質問してみた所、トゲトゲに別バージョンでは・・・とのお返事。やや疑問が残る。

トゲトゲウミウシ



↓2009/2/1/秋の浜/-11m/D300/
まだ、小さい。5mmくらいでした。トゲの数が少ない。

トゲトゲウミウシ

カメキオトメウミウシ

カメキオトメウミウシ
裸鰓目
タテジマウミウシ亜科
タテジマウミウシ科

触角の色彩で見分けをします。
黒く、その先端部分が、黄色。
約10mmに達するそうです。


↓09年2月21日:秋の浜:-30m:6~7mm
カメキオトメウミウシ



↓05年5月8日:秋の浜:5mmくらい:トリミング画像
カメキオトメウミウシ

伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。