> 伊豆大島 海の生き物達

プレウロブランクス・マミラートゥス

プレウロブランクス・マミラートゥス
背楯目
カメノコフシエラガイ上科
カメノコフシエラガイ科
ゼニガタフシエラガイ属


↓2016/7/15/秋の浜 -22m
プレウロブランクス・マミラートゥス

ホウズキフシエラガイ

ホウズキフシエラガイ
背楯目
カメノコフシエラガイ上科
カメノコフシエラガイ科
浅場のゴロタ地帯で見つかりました。
ゴロタの下など隠れているのだろう。


↓2016/7/1/秋の浜 岩穴のすき間で産卵していました。
ホウズキフシエラガイ産卵中



↓2012/12/16/秋の浜/-4m/S100/1.5cmくらい
ホウズキフシエラガイ



↓2011/6/9/秋の浜/-3m/D300/こんな風に産卵してたんですね。初めて見ました。
ホウズキフシエラガイ



↓2011/4/29/秋の浜/-3m/F31fd/ゴロタ石をめくると出てきました。
ホウズキフシエラガイ



↓2010/11/29/秋の浜/-3m/NikonD300/ゴロタ地帯。石の下で見つかりました。これで1.2cmくらい。
ホウズキフシエラガイ



↓05年4月9日:秋の浜

カメノコフシエラガイ

カメノコフシエラガイ
背楯目
カメノコフシエラガイ上科
カメノコフシエラガイ科
ゼニガタフシエラガイ属


↓2014/11/17/秋の浜/-4m/4mm/ 小さいので定かではないのですが、タブン・・カメノコ。
カメノコフシエラガイ



↓20914/5/14/秋の浜/-9m/10m/体のツブツブ感が特徴的です。
カメノコフシエラガイ



↓2014/3/18/秋の浜/-3m/7mm/小さな個体は、白っぽい。
カメノコフシエラガイ



↓2012/4/16/王の浜/-3m/XZ-1/4cmくらい。前回、野田浜で出会えた環境と同じような場所で見つかった。
カメノコフシエラガイ



↓2012/2/5/野田浜/-2m/XZ-1/大きさ2.5cmくらい。岩の下にいました。
カメノコフシエラガイ



↓2011/5/15/秋の浜/-25m/D300/砂地を移動中でした。8cmくらいありました。
カメノコフシエラガイ

ウミフクロウ

ウミフクロウ
背楯目
カメノコフシエラガイ上科
カメノコフシエラガイ科
ウミフクロウ属


↓2012/2/5/野田浜/-2m/XZ-1/
1.5cmくらい

ウミフクロウ




↓2011/6/7/野田浜/-4m/S90/
これも野田浜で見つかりました。この環境が、いいのでしょう。

ウミフクロウ




↓2011/5/11/野田浜/-4m/S90/
2cmくらい。やや暗い海だったせいか・・歩いていました。

ウミフクロウ




↓2010年3月14日野田浜:-2m:4.5cmくらい
エントリーして沖へ進み始めると・・・石の下に何か挟まっている。
石をどけてみると・・・これでした。凄く久しぶりに・・・見た。

ウミフクロウ

ヒトエガイ

ヒトエガイ
背楯目
ジンガサヒトエガイ上科
ヒトエガイ科
時々見かける種。
貝殻が、片方にしかないので一重・・・貝。



↓2011/2/27/秋の浜/-17m/CanonS90/
カイメンの仲間をガッツリ食べている所。12cmくらい。

ヒトエガイ





↓2010/12/18/秋の浜/-8m/F31fd/
2個体、こんな風にくっついているって事は・・・交接か?
今思うと、ちょっと確認しておけば、よかった。

ヒトエガイ





↓05年5月15日:
大きさは、10cmくらいありました。貝殻からはみ出した部分が、オレンジのタイプ。

ヒトエガイ

伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示