> 伊豆大島 海の生き物達

フサカサゴの仲間

フサカサゴの仲間
カサゴ目


↓2016/8/20/王の浜/-6m
カサゴの仲間

イソカサゴ

イソカサゴ
カサゴ目
フサカサゴ科



↓2016/7/7/秋の浜 段下エリアで出会えたシーン。じっくり観察できました。
イソカサゴの縄張り争い

イソカサゴの縄張り争い

イソカサゴの縄張り争い



↓2014/7/16/秋の浜/-10m/ 今回は、10分以上観察してました・・でも、終わってないです。ほぼ互角の勝負でした。
では、ケンカの様子をどうぞ~
イソカサゴのケンカ
イソカサゴのケンカ
イソカサゴのケンカ
イソカサゴのケンカ
イソカサゴのケンカ
イソカサゴのケンカ
イソカサゴのケンカ
イソカサゴのケンカ
イソカサゴのケンカ




↓2010/12/20/秋の浜/-3m/NikonD300/1回、噛み付いたのに~~。その後は、こんな小競り合い。
イソカサゴのケンカ



↓2010/11/2/秋の浜/-3m/NikonD300/
右が、メスらしき個体。左は、オスらしき個体です。
雌雄の判断は、2匹の行動から判断しているので、すごく当たってないかも・・・口でツンツンして相手を刺激していました。求愛らしき行動だった。
イソカサゴ・求愛



↓2010/11/2/秋の浜/-3m/NikonD300/
こちらは、オス同士の激しいケンカのシーンです。
同じくらいの強さならかなりしつこくケンカをしているのですが、今回は・・あっさり終了でした。
イソカサゴ・ケンカ



↓2009/1/12/秋の浜/C-760/しばらくの間、同じ場所で見られました。8~9cmくらいでした。
イソカサゴ・アルビノ

イソカサゴのアルビノ



↓2009/1/10/秋の浜/-24m/D300/珍しい奴を食べちゃった・・・かも。
イソカサゴ捕食

オニカサゴ

オニカサゴ
カサゴ目
フサカサゴ科オニカサゴ属
毒は蜂の毒とは違っているのでアンモニアは効かない。
刺された時には毒を搾り出し、熱した海水に傷をつけ毒を洗い流すといい・・・らしいです。


↓2016/5/4/秋の浜/-15m/ 普段は、単体で見られるオニカサゴ。2匹でこんな近くにいると、怪しく感じてしまう。
オニカサゴ



↓2014/7/15/秋の浜/-25m/23cm/ 立派なサイズが2匹いました。後ろの個体は、前の個体の尾鰭に顔を乗せてます。スキンシップしてるんですね。
オニカサゴ



↓2013/11/14/秋の浜/-7m/25cm/ この種が2匹並んでいるのは、珍しい。
オニカサゴ



↓2012/11/15/秋の浜/-10m/6cm/XZ-1/
下の画像の個体とはほぼ同じサイズですが、こちらのほうが体ががさついた感じ。
オニカサゴ



↓2012/11/14/秋の浜/-10m/6cm/XZ-1/
オニカサゴ幼魚



↓2011/6/5/秋の浜/-18m/S90/23cmくらいだと思います。
オニカサゴ



↓2011/6/3/秋の浜/-8m/F31fd/12cmくらいの個体でした。
オニカサゴ



↓2011/2/19/秋の浜/-12m/CanonS90/今回は、サンゴの上。
オニカサゴ



↓2011/2/4/秋の浜/-16m/F31fd/ザラカイメンの上に乗っていました。これで9cmくらいです。
オニカサゴ幼魚



↓2010/12/26/秋の浜/-26m/F31fd/大きさは、25cmくらい。珍しく背鰭を立てた状態。
オニカサゴ



↓2010/12/13/秋の浜/-24m/CanonS90/8cmくらい。背鰭を少し立てていたので、撮影してみた。
下の画像と比べてみると、少しだが模様も似ている。こうして並べてみないと気が付きませんね。
オニカサゴ



↓2010年2月21日:野田浜:-9m:5cmくらい
小ぶりな子を見つけました。ちょうどオオパンカイメンの上に居たので証拠写真にはグ~。
また、いい場所に居たら・・・撮影します。
オニカサゴyg

カスリフサカサゴ

カスリフサカサゴ
カサゴ目
フサカサゴ科


↓2016/2/7/野田浜/ タブン、2015年に出会えた個体だと思います。
カスリフサカサゴ



↓2015/11/14/野田浜/-3m/4.5cm/ 十数年ぶりに出会えました。 そして、前回出会えたのも野田浜。
カスリフサカサゴ

ネッタイミノカサゴ

ネッタイミノカサゴ
カサゴ目
フサカサゴ科


↓2015/10/28/秋の浜/-10m/5cm
ネッタイミノカサゴ幼魚



↓2012/12/1/秋の浜/-4m/11cm/S100/
ネッタイミノカサゴ幼魚



↓2011/12/28/秋の浜/-26m/S90/
ネッタイミノカサゴ幼魚



↓2011/1/8/秋の浜/-18m/CanonS90/只今の水温16℃前後。いつまで見られるのだろう・・・
ネッタイミノカサゴ幼魚

ニライカサゴ

ニライカサゴ
カサゴ目
フサカサゴ科

↓2015/9/27/秋の浜/
ニライカサゴ幼魚
ニライカサゴ幼魚



↓2014/10/10/秋の浜/-3m/16cm/ 赤+ピンク で派手なタイプ
ニライカサゴ



↓2012/11/27/秋の浜/-10m/7cm/XZ-1/
ニライカサゴ



↓2012/4/15/秋の浜/-23m/XZ-1/17cmくらい。前回に続いてニライに逢えました。今回は、大きめで成魚サイズでしょう。
ニライカサゴ



↓2012/4/8/秋の浜/-10m/XZ-1/
7cmくらい。この種では、小さめの個体に出会えました。上から見ていると背中の尖がり具合が解り難い。横から見てみましょう。
ニライカサゴ



↓2012/1/18/秋の浜/-4m/XZ-1/背中の角ばり方は、ニライカサゴのようです。14cmくらい
ニライカサゴ



↓2011/6/3/秋の浜/-3m/F31fd/
ちょっと迷うステージです。最初は、サツマかと思っていたのですが・・
どうも背中の部分が、気になり始めました。ということで、とりあえずニライカサゴにしておきます。
ニライカサゴ


↓2011/4/10/秋の浜/-24m/F31fd/
この個体も背中の尖がりがあります。白いとサツマサカゴに間違えやすいが・・体色は、あてにならないのでしょう。
ニライカサゴ



↓2011/4/9/秋の浜/-20m/F31fd/タブン、17~8cmくらい。背中の突起が、判断材料。
ニライカサゴ



↓2011/2/23/秋の浜/-23m/F31fd/
18cmくらい。体色は、白っぽい感じ。背中の尖り具合は、下の画像の個体と似ているので・・コレにしてみました。
カサゴ



↓2011/1/10/秋の浜/-25m/CanonS90/18cmくらい。
記2011/2/22/:先日までは、サツマカサゴだと思っていた種です。
背中の尖り具合の違いに気が付いて質問してみたら・・ニライカサゴですとお返事をいただきました。
初めて聞く名前だ!

サツマカサゴ



↓2009/2/6/秋の浜/-20m/
こんなに皮弁が長くなるのだろうか?と思い質問してみましたが、個体差があるそうです。
ということで、ニライカサゴでよいとの事。
ニライカサゴ?

ハダカハオコゼ

ハダカハオコゼ
カサゴ目
フサカサゴ科
ハダカハオコゼ属


↓2015/9/3/秋の浜/.-26m/3cm/
ハダカハオコゼ幼魚

ムラソイ

ムラソイ
カサゴ目
フサカサゴ科


↓2015/4/28/秋の浜/-4m/ 浅場では、時々見かけています。
ムラソイ



↓2014/9/26/王の浜/-5m/23cm/
ムラソイ



↓2010/10/10/秋の浜/-2m/CanonS90/ 浅い場所に住んでいる種。
ムラソイ

シマヒメヤマノカミ

シマヒメヤマノカミ
カサゴ目
フサカサゴ科


↓2014/12/28/秋の浜/-19m/5cm/ 小ぶりな子でした。
シマヒメヤマノカミ



↓2011/6/16/秋の浜/-28m/S90/ 同一個体です。今回は、トサカの中央付近でホバーリングしていました。
シマヒメヤマノカミ



↓2011/6/11/秋の浜/-28m/S90/ 下の画像の子が、隣のウミトサカへ住み着きました。
シマヒメヤマノカミ



↓2011/3/26/秋の浜/-28m/D300/数年前は、よく見られたお魚なのですが、ある時から見られなくなり・・・今に至ります。僕は、久しぶり見ました。6cmくらいでした。
シマヒメヤマノカミ

ミノカサゴ

ミノカサゴ
カサゴ目
フサカサゴ科
ミノカサゴ属
伊豆大島では、出会うチャンスが多め。秋の浜の砂地にいる個体は、かなりダイバー慣れしている。


↓2014/9/18/秋の浜/3cm/ もしかして・・初めてかな?ミノカサゴの幼魚です。今まで見ていた幼魚は、ほとんどハナミノカサゴだったので・・ミノカサゴの幼魚は、どんななのか?興味がありました。今回の子は、ハナミノカサゴ幼魚の特徴と違いがすぐに解りました。
ミノカサゴ幼魚
ミノカサゴ幼魚



↓2012/9/24/秋の浜/-18m/S100/5~6cmの個体です。
ミノカサゴ幼魚



↓2011/11/25/秋の浜/-20m/S90/
ちょうどいい場所が、撮影出来ました。それは、顎の下です。
ここに模様がない=ミノカサゴ 模様がある=ハナミノカサゴ だそうです。
ミノカサゴ幼魚

ミノカサゴ幼魚



↓2011/7/13/秋の浜/-18m/D300/
12cmくらいの個体でした。尾鰭に黒班がないのが、特徴という記載もありますが、これは少し点々してます。
顔の部分に縞模様が、多いのがハナミノカサゴなんだそうですが・・この個体は、顔に縞模様が少ないですね。なので、ミノカサゴ。
ミノカサゴ



↓2011/7/3/秋の浜/-18m/S90/コオウベダルマガレイを狙っている所。
ミノカサゴ



↓2011/6/23/秋の浜/-19m/S90/大きさは、16cmくらい。尾鰭には、点々がない。
ミノカサゴ



↓2010/9/20/秋の浜/-18m/CanonS90/
立派な?ストーカーとして成長した。何処からともなくやってきて・・・我々に張り付く。
見た感じ・・ハナミカサゴに似ている気がするが・・
尾鰭に微かに黒い点々がある。コレは、ハナミノカサゴの特徴。
顔や眼上などには、やけに皮弁が少ない。コレは、ハナミノカサゴらしくない。
ミノカサゴ



↓05年5月23日: うまく下に入り込めたので・・・・こんな感じです。
ミノカサゴ

マダラフサカサゴ属の1種-1

マダラフサカサゴ属の1種-1
カサゴ目
フサカサゴ科


↓2014/7/21/秋の浜/-21m/3cm/
マダラフサカサゴ属の1種-1



↓2014/7/17/秋の浜/-24m/3cm/ はっきりした配色なので、目立ちます。かわいい襟巻ですね。
マダラフサカサゴ属の1種-1
マダラフサカサゴ属の1種-1



↓2014/4/18/秋の浜/-25m/5cm/ 模様が綺麗だったので撮っておきました。模様の分かれ方は、ほぼ同じですね。
マダラフサカサゴ属の1種-1



↓2013/2/24/秋の浜/-11m/SP-350/4cmくらい
マダラフサカサゴ属の1種ー1



↓2011/4/21/秋の浜/-19m/D300/体は、赤い。首付近は、白の帯。5cmくらい。
フサカサゴ科



↓2011/2/19/秋の浜/-20m/CanonS90/
マダラフサカサゴ属には、未記載種が2種居るそうで・・そのうちの1つのようです。
当然、僕には解らないので瀬能先生からのお返事です。5cmくらい。
マダラフサカサゴ属の1種

フサカサゴ科の1種

フサカサゴ科の1種


↓2014/7/8/秋の浜/-5m/3.7cm/ 浅場のゴロタ地帯で出会えた。第一背鰭の後半に青い斑点ありました。
フサカサゴ科の1種



↓2013/3/24/秋の浜/-9m/4cm/
フサカサゴ科の仲間



↓2011/6/14/秋の浜/-5m/D300/
下の画像の個体と似ている。生息深度は、同じくらい。これで4cmくらい。
フサカサゴ科



↓2011/6/5/秋の浜/-4m/S90/
4cmくらいの個体です。特徴らしいものが、よく解りません。
フサカサゴ科

ヒメサツマカサゴ

ヒメサツマカサゴ
カサゴ目
フサカサゴ科
オニカサゴ属


↓2014/6/16/秋の浜/-28m/4cm/ コロンとした体型で目がギョロっと出ているのが特徴的です。ちと珍しいです。
ヒメサツマカサゴ

ニセボロカサゴ

ニセボロカサゴ
カサゴ目
フサカサゴ科
やけによく見られるようになったお魚です。
図鑑では、稀種と記載されていたので最初は、大喜びをしたのを思い出します。
その後、遭遇率がかなり上がり・・・個体数も増えてきたようです。


↓2014/3/29/秋の浜/-20m/13cm/
ニセボロカサゴ



↓2013/7/28~31/秋の浜/-15m/
ニセボロカサゴ
ニセボロカサゴ



↓2013/7/7/秋の浜/-20m/16cm/
ニセボロカサゴ



↓2013/6/22/秋の浜/-24m/3cm/ このサイズは、初めて!かわいいです。
ニセボロカサゴ



↓2013/1/6/秋の浜/-12m/S100/数年ぶりに出会った。海藻地帯にいた。
ニセボロカサゴ



↓2010/9/19/秋の浜/-20m/CanonS90/
ガイド中にゲストKさんが、発見。小ぶりな個体で8~9cmでした。
ニセボロカサゴ



↓09年4月9日;秋の浜:-30m:10cmくらい:まだ小ぶりな個体。:壁の上のエリア。
ニセボロカサゴ




 
↓05年5月2日:秋の浜:念願のペアショットです。
ニセボロカサゴのペア



↓05年4月17日:秋の浜
ニセボロカサゴ


↓05年4月17日:秋の浜
ニセボロカサゴ



↓05年4月15日:秋の浜
ニセボロカサゴ

カサゴの仲間

カサゴの仲間
カサゴ目
フサカサゴ科

↓2013/6/19/秋の浜/-15m/5cm/ 体の横の線(側線)が目立つ。
カサゴ

コクチフサカサゴ

コクチフサカサゴ
カサゴ目
フサカサゴ科


↓2013/4/29/秋の浜/-12m/4cm/
コクチフサカサゴ



↓2014/4/14/秋の浜/-24m/4cm/別個体です。側にいました。
コクチフサカサゴ
コクチフサカサゴ



↓2011/6/4/秋の浜/-26m/S90/
この種が、2匹で側に居る所はなかなか見られないです。かなりサイズが、違うが・・こんなものなのか?

コクチフサカサゴ



↓2011/2/12/秋の浜/-23m/CanonS90/
怪しい個体は、どんどん撮ってます。これもその1つです。
コクチの幼魚だろうか_?大きさは、4.5cmくらい。?マークなので、ご了承ください。
どうも、フサカサゴに見えてくる・・・
コクチフサカサゴ幼魚?



↓2011/2/12/秋の浜/-19m/CanonS90/
岩の上に乗っていた個体です。何故か背鰭を広げて居たのですが・・・近くにもう1個体居ました。威嚇していたのかも~~。14~15cmくらいです。
コクチフサカサゴ



↓2011/1/7/秋の浜/CanonS90/
13~14cmくらいのサイズです。
フサカサゴに似ているので、判断出来ないな~と思いながらも、名前の通りやや口が小さいらしい。
でも、これを比べるのは僕にとって難しい。
そんな訳で、かなり不確かだが・・・コクチにしてきます。
コクチフサカサゴ

フサカサゴ科の仲間

フサカサゴ科の仲間
カサゴ目
フサカサゴ科


↓2013/1/20/秋の浜/-12m/XZ-1/
3.5cmくらい。マダラフサカサゴ属の仲間だと思うのですが・・不明です。

カサゴの仲間

ボロカサゴ

ボロカサゴ
カサゴ目
フサカサゴ科


↓2013/1/5/秋の浜/-26m/XZ-1/
同じ個体です。まだ、観察出来てます。

ボロカサゴ



↓2012/11/9/秋の浜/-27m/S100/
アクビしました!

ボロカサゴ



↓2012/11/7/秋の浜/-27m/10cm/XZ-1&S100/
かなり久しぶりの登場です。前回見たのは・・まだ、写真を撮ったりしていない頃・・だxったと記憶しています。

ボロカサゴ
ボロカサゴ
ボロカサゴ
ボロカサゴ
ボロカサゴ

キリンミノ

キリンミノ
カサゴ目
フサカサゴ科


↓2012/12/18/秋の浜/-10m/D200/
エビを捕食中です。

キリンミノ幼魚



↓2012/11/7/秋の浜/S100/

キリンミノ



↓2012/3/20/秋の浜/-8m/XZ-1/
大きさ15cmくらい。この種でこのサイズは、僕・・初めて。

キリンミノ



↓2011/7/23/トウシキ・タイドプール/-3m/S90/
大きさ2cmくらい。このサイズだとオモチャみたい・・

キリンミノ幼魚



↓2010/12/11/秋の浜/-17m/CanonS90/
このアングルだと胸鰭の大きな黒班が、目立ちます。

キリンミノ幼魚



↓2010/12/1/秋の浜/-16m/NikonD300/

キリンミノ幼魚



↓2010/11/15/秋の浜/-25m/NikonD300/
今回は、観察中に泳ぎだしました。個体数の多い時は、いろんなシーンに出会えるものです。

キリンミノ幼魚



↓2010/10/20/秋の浜/-16m/NikonD300/
今シーズンは、出会うチャンスも多い。6~7cmの幼魚です。

キリンミノ幼魚

ハナミノカサゴ

ハナミノカサゴ
カサゴ目
フサカサゴ科
ミノカサゴ属


↓2012/12/7/秋の浜/-13m/23cm/XZ-1/

ハナミノカサゴ



↓2012/11/30/秋の浜/-10m/S100/

ハナミノカサゴ幼魚



↓2012/11/25/秋の浜/-10m/10cm/XZ-1/

ハナミノカサゴ



↓2012/11/3/秋の浜/-10m/D300&XZ-1/
まだ、体が透けてます。

ハナミノカサゴ幼魚

ハナミノカサゴ幼魚



↓2012/11/12/秋の浜/-10m/

ハナミノカサゴ幼魚

ハナミノカサゴ幼魚



↓2012/11/11/秋の浜/-10m/3cm/XZ-1/
小さな頃は、胸鰭の間に丸い模様があります。

ハナミノカサゴ幼魚



↓2012/7/13/秋の浜/-10m/XZ-1/
20cmくらい

ハナミノカサゴ



↓2012/4/25/秋の浜/-12m/F31fd/

ハナミノカサゴ



↓2012/4/24/秋の浜/-12m/F31fd/

ハナミノカサゴ



↓2011/12/19/秋の浜/10m/D300/

ハナミノカサゴ



↓2011/11/25/秋の浜/-10m/S90/
顎の下に模様がある=ハナミノカサゴ

ハナミノカサゴ幼魚



↓2011/10/10/秋の浜/-10m/S90/
段下エリアで観察している個体。どんどん成長しています。

ハナミノカサゴ幼魚



↓2011/9/13/王の浜/-20m/S90/
15cmくらいの個体でした。

ハナミノカサゴ


↓2011/9/2/秋の浜/-10m/D300/
タブン、下の写真の個体と同一。

ハナミノカサゴ幼魚



↓2011/8/29/秋の浜/-13m/G10/
この位の頃が、透明感があっていいですね!

ハナミノカサゴ幼魚



↓2011/6/26/秋の浜/-19m/S90/
写真では、解りませんが、尾鰭に黒い点々模様あり。10cmくらい。

ハナミノカサゴ幼魚



↓2011/5/7/秋の浜/-23m/S90/
全長15cmくらい。最近、こんなサイズの子を数箇所で見られます。

ハナミノカサゴ



↓2011/1/30/秋の浜/-11m/CanonS90/
この画像では、解り難いのですが尾鰭には黒い点々があるので・・・ハナミノカサゴだと思います。

ハナミノサカゴ



↓2010/12/23/秋の浜/-24m/F31fd/
大きさは、10cmくらい。

ハナミノカサゴ



↓2010/10/6/秋の浜/-10m/CanonS90/
大きさは、10cmくらい。顔の皮弁が長め。

ハナミノカサゴ幼魚

ミズヒキミノカサゴ

ミズヒキミノカサゴ
カサゴ目
フサカサゴ科
今までネッタイミノカサゴとしていた種が、ネッタイミノカサゴとミズヒキミノカサゴと分かれました。


↓2012/3/20/秋の浜/-30m/XZ-1/
ちょっと判断が難しい・・個体です。タブン、ミズヒキ・・か?

ミズヒキミノカサゴ




↓2011/12/15/秋の浜/-19m/S90/

ミズヒキミノカサゴ



↓2011/11/25/秋の浜/-17m/D300/
6cmくらいでした。

ミズヒキミノカサゴ幼魚




↓2011/11/15/秋の浜/-15m/XZ-1/
胸鰭の棘が、うっすらと縞になっているのも特徴の1つだそうです。

ミズヒキミノカサゴ





↓2010/11/3/秋の浜/-22m/NikonD300/
海藻に乗っている所を見ていたら、泳ぎだしました。
ユラユラして居心地がよくなかったようです。

ミズヒキミノカサゴ幼魚




↓2010/10/13/秋の浜/-17m/NikonD300/
伊豆大島で見られるのは、幼魚のみです。ココから先が、見たいけど・・・

ミズヒキミノカサゴ幼魚

フサカサゴ

フサカサゴ
カサゴ目
フサカサゴ科


↓2012/1/11/秋の浜/-24m/S90/
体の後半部分だけ赤い。体色変化の途中だろうか?11cmくらい

フサカサゴ



↓2011/4/16/秋の浜/-20m/S90/
5.5cmくらい。フサカサゴかどうか定かではないが、コレが一番近いような気がする。

フサカサゴ幼魚





↓2011/1/10/秋の浜/-25m/CanonS90/
11cmくらいの個体。

1-10-IMG_6702_20110110155642.jpg





↓2011/1/10/秋の浜/-21m/CanonS90/
12cmくらい。

フサカサゴ





↓2011/1/8/秋の浜/-25m/CanonS90/
10cmくらいの個体。

フサカサゴ





↓2010/12/15/秋の浜/-24m/CanonS90/
この種は、断定できない。そんな訳でとりあえず、フサカサゴとしておきます。
比較できるようにたくさん撮ってくる!つもり。

フサカサゴ


↓2009/2/8/秋の浜/-22m/
これで10cmくらい。珍しい配色。

フサカサゴ


アヤメカサゴ

アヤメカサゴ
カサゴ目
フサカサゴ科


↓2011/11/26/秋の浜/-27m/XZ-1/
小ぶりな個体で7cmくらい。秋の浜の深場では、大きなウミトサカがありその根本に居ました。

アヤメカサゴ幼魚





↓2011/5/22/秋の浜/-29m/S90/
今回は、こんなシーンに出会えました。
最初、2匹が側に居ました。すると下の写真のような感じに動きました。
そして、その次は・・・

アヤメカサゴ


↓同上
同じ方向を向いた状態になり、背鰭を相手に向けるような動き。
この状態で動きが、早くなった訳でもありません。
その次は、1匹が離れて行きその子をもう1匹が、少し追いかける。そこで終了でした。

アヤメカサゴ







↓2011/4/24/秋の浜/-30m/D300/
これで15cmくらいでした。やや小ぶりです。このくらいのステージでは、尾鰭の縁が白いようです。

アヤメカサゴ







↓2011/3/3/秋の浜/-30m/F31fd/
22cmくらいの個体でした。秋の浜のやや深い場所で見られる種です。
この種は、体が汚れないようです。

アヤメカサゴ

フサカサゴ科の仲間

フサカサゴ科の仲間
カサゴ目
フサカサゴ科



↓2011/10/7/秋の浜/G10/
下の画像の個体と似てる・・確証はなし。

フサカサゴ科の仲間






↓2011/5/31/王の浜/-4m/S90/
7~8cmでした。最初は、マダラフサカサゴの仲間か?と感じましたが、こうしてみるとコクチフサカサゴ?

マダラフサカサゴ?

ウルマカサゴ

ウルマサカゴ
カサゴ目
フサカサゴ科
オニカサゴ属



↓2011/8/24/王の浜/-14m/F31fd/
まだ、2cmちょいくらいのステージなんですが・・このくらいだとどうも解りにくい。
ウルマのような・・普通のオニカサゴのような・・

ウルマカサゴ?





↓2011/8/17/秋の浜/-20m/F31fd/
ちょっと不安な部分もありますが・・タブン、ウルマだと思います。

ウルマカサゴ






↓2010/10/19/野田浜/-7m/CanonS90/
幼魚サイズ・7~8cmです。
ぱっと見て、ちょっと違うかな?と感じたので、証拠写真を撮りました。
オニカサゴに似ているのですが、眼上皮弁がやけに長い。成長すると短くなるそうです。
同じサイズのオニカサゴの幼魚とは、違うのが解ります。
ネットで調べていると成魚の写真は、さらに・・・オニカサゴに似ています。
もしかして、ウルマカサゴの成魚も、そこら辺に居るんじゃないの?
とにかくオニカサゴの仲間は、僕にとって判別が難解なので、S先生にちゃんと見ていただきました。

ウルマカサゴ幼魚

フサカサゴ科の仲間

フサカサゴ科の仲間
カサゴ目
フサカサゴ科



↓2011/5/29/秋の浜/-27m/S90/
見た目としては、マダラフサカサゴ属だと思うのですが・・不明
今回は、この眼上皮弁を見てもらいたかった。立派です。

フサカサゴ科の仲間

サツマカサゴ

サツマカサゴ
カサゴ目
フサカサゴ科



↓2011/5/18/秋の浜/-3m/D300/いつもの場所で石ころの間に・・・6.5cmくらい
サツマカサゴ



↓2011/2/19/秋の浜/-20m/CanonS90/大きさ12cmくらいの個体です。1月10日撮影の個体と比べてみると・・・背中の部分の尖り具合が違うように感じるのですが・・どうだろう?
サツマカサゴ

↓同上
サツマカサゴ



↓2010/12/4/秋の浜/-3m/CanonS90/大きさは、4.5~5cmくらい。このサイズだとほとんど白い個体のようだ。
サツマカサゴ幼魚



↓2010/9/3/野田浜/-7m/Canon/S90/15cm以上ある個体でした。白っぽい・・石ですね。頬の部分に穴みたいなのが開いてるぞ~
サツマカサゴ




似た種:ニライカサゴ
参考までに・・・以前、僕がサツマカサゴだと思っていた個体ですが、画像を見比べているうちに背中部分の尖がり具合の違いに気が付きました。質問してみた所、ニライカサゴだそうです。
↓2011/1/10/秋の浜/-25m/CanonS90/18cmくらい。
サツマカサゴ


マダラフサカサゴ属の1種

マダラフサカサゴ属の1種
カサゴ目
フサカサゴ科
マダラフサカサゴ属



↓2011/5/13/秋の浜/-15m/D300/
6cmくらいでした。もちろん、僕には判断がつきませんでしたので、専門の方からご意見を頂きました。
下の子とは、別個体。色彩もいろいろですね。

マダラフサカサゴ属の1種






追記:2011/5/12 頭部の写真などと見て頂きました。
フサカサゴ属の1種・未記載種とのお返事をいただきました。

↓2011/4/25/秋の浜/-4m/D300/
今回も同一と思われる個体に出会えましたので、いろいろ撮ってきました。

ハチジョウフサカサゴ?



マダラフサカサゴ属の1種



マダラフサカサゴ属の1種



マダラフサカサゴ属の1種





↓2011/4/10/秋の浜/-3m/D300/
5cmくらい。体色と肌の質感が、ちょっと違う気がして撮影しておきました。
僕には、よく解らないので瀬能先生に質問したら、この回答でした。
鹿児島大の本村氏からご意見をいただけたそうです。*専門なんでしょうね。
ハチジョウフサカサゴかマダラフサカサゴ属のどちらか・・らしいが、ハチジョウ?の確率が高いそうです。
この種の判断には、頭部背面アップの画像が、必要だとか。今度は、頭部を撮りまくるぞ。

マダラフサカサゴ属の1種

カサゴ

カサゴ
カサゴ目
フサカサゴ科



↓2011/4/7/秋の浜/-4m/D300/
7cmくらいの個体です。
下の画像の個体より小さい。下の子は、頭に白い部分がありますが、この個体にはなし。

カサゴ幼魚






↓2011/3/19/秋の浜/-3m/S90/
10cmくらいの子供さいずです。

カサゴ幼魚

ナミダカサゴ?

ナミダカサゴ?
カサゴ目
フサカサゴ科

ニセボロカサゴに似た種ですが、これがナミダカサゴなのか・・・不明です。
顎の下に皮弁がないのが、特徴らしいのですが・・・



↓2009/1/24/秋の浜/-31m/c760/

ナミダカサゴ?


↓2009/1/19/秋の浜/-35m/D300/

ナミダカサゴ?


伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示