> 伊豆大島 海の生き物達

カナリー・モレイ

カナリー・モレイ
ウナギ目
ウツボ科


↓2016/2/29/秋の浜/-10m/ 少し離れた場所で2個体見られました。
カナリーモレイ

カナリ-モレイ



↓2015/12/18/秋の浜/ 目の周りの色合いが、綺麗です。
カナリー・モレイ



↓2011/2/13/秋の浜/-10m/CanonS90/いつものように壁沿いから顔を出していました。今回は、もぞもぞよく動いていたので気がつきました。
カナリーモレイ



↓2010/9/28/秋の浜/-10m/NikonD300/頭にクリアクリーナーシュリンプを乗せている所。クリーニングしてもらっていました。
カナリーモレイ



↓09年6月8日:秋の浜:-10m 時々、見かける。別に珍しいわけではないです。
ウツボの1種

コケウツボ

コケウツボ
ウナギ目
ウツボ科


↓2015/7/9/秋の浜/-10m/ まだ小さい個体です。このステージでもやっぱり歯は鋭い!
コケウツボ



↓2010年4月1日:秋の浜:-10m付近
壁の穴の中から顔を出していたので、サイズは、不明ですが成魚のサイズだと思う。歯が、おみごと!・・・これもコケウツボの特徴だと思います。
コケウツボ

ウツボ・未記載種

未記載種
ウナギ目
ウツボ科

↓2015/3/29/秋の浜/-5m/ 岩陰に隠れていて、良く見えないような場所に居ました。5年ぶりになりますね。(^^♪
ウツボの仲間



↓2010年1月17日:秋の浜:-10m:体長不明
ぱっと見て・・もしやと思い、証拠写真を撮りました。後でよく見たら・・ありましたありました・・この模様。写真に写っている部分は約2cmくらいです。
ウツボの1種



↓2009年7月29日:秋の浜:-10m
まだ、幼魚です。顔部分だけなのですが、顎部分の模様に特徴ありですね。 この個体だけの特徴なのかも・・・取調べ!

神奈川県立生命の星・地球博物館 瀬能 宏先生からのご回答です。
以前から問題になっている種で,ウツボ属の未記載種と考えられます。ご指摘の顎の白い円形斑はこの種の特徴です。
大瀬でも撮影記録があり,標本も漁獲物などで得られていますが,まだ名前が付けられていない状況にあります。
ウツボの仲間

サビウツボ

サビウツボ
ウツボ目
ウツボ科


↓2014/9/26/王の浜/小さな個体でした。顔の部分は、鉛筆の1.5本分?
サビウツボ



↓2013/6/9/秋の浜/ 下の個体と同一
サビウツボ



↓2013/5/29/秋の浜/-10m/ 目に特徴あり
サビウツボ

ヘリシロウツボ

ヘリシロウツボ
ウナギ目
ウツボ科
伊豆大島では、秋の浜でしか見た記憶がない。
やや深い場所の砂地で見かける。砂に潜って顔だけを出しているシーンが多いようです。


↓2014/6/23/秋の浜/-31m/ 砂地から顔だけ出していました。
ヘリシロウツボ



↓2010/6/6/秋の浜/-29m/CanonS90/大きさは、30cm以上だと思う。尾の部分は、まだ砂の中だった。餌を探している様子だった。
ヘリシロウツボ



↓05年5月15日:秋の浜  今回は、珍しく全身が出ていました。
ヘリシロウツボ

トラウツボ

トラウツボ
ウナギ目
ウツボ科



↓2011/7/30/秋の浜/-10m/F31fd/
鰓?の部分からなにやら白いものが・・・なんだろう?


トラウツボ

ワカウツボ

ワカウツボ
ウナギ目
ウツボ科

↓2010/9/10/秋の浜/-10m/CanonS90/
大島で見られる代表的なウツボの中の1種。細かい黄色の点々模様が特徴的です。
今回は、ペアで見られました。

ワカウツボのペア




↓2009/2/15/秋の浜/-10m/D300/

ワカウツボ・ペア

ウツボ

ウツボ
ウナギ目
ウツボ科

↓2010/10/10/秋の浜/-18m/CanonS90/
この個体は、普通の顔じゃありませんので、勘違いしないでください。上顎が、短い。
僕が、継続観察しているウツボです。*顔に特著があるので・・・

ウツボ
伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示