> 伊豆大島 海の生き物達

ホソウミヤッコ

ホソウミヤッコ
トゲウオ目
ヨウジウオ科
ウミヤッコ属


↓2016/10/3/秋の浜 
ホソウミヤッコのペア



↓2011/6/12/秋の浜/-21m/S90/大島では、ヨウジウオの仲間の中では、よく見かける種です。こんな顔。
ホソウミヤッコ

タツノイトコ

タツノイトコ
トゲウオ目
ヨウジウオ科
ヨウジウオ亜科
伊豆大島では、定番のお魚です。砂地で見かけます。産卵の時期になるとペアで居ることが多いようです。
お腹の形状でオスとメスの見分けは簡単です。
体色もバリエーションあり。体に皮弁がある個体も居ます。



↓2016/5/24/秋の浜/お腹がパンパンに膨らんだオスの個体です。このような仕草を見せると・・そろそろハッチアウトかな。
タツノイトコ



↓2014/4/23/秋の浜/-25m/ この時期に見られていたタツノイトコ2組のペアです。
タツノイトコのメス
タツノイトコのオス
タツノイトコのメス
タツノイトコのオス



↓2011/8/4/秋の浜/-18m/F31fd/
オスの個体。ちょうど・・ウンチが出てきています。この穴って、子供がハッチアウトする穴じゃん!同じなんですね。
タツノイトコのウンチ

同上:ウンチしているオスの彼女。
タツノイトコ・メス



↓2011/7/18/秋の浜/-20m/S90/ココでは、数回ペアで居るシーンが見られています。
タツノイトコ・ペア



↓2011/5/20/秋の浜/-21m/D300/顔は・・愛嬌があるのだ。
タツノイトコ



↓2011/3/27/秋の浜/-20m/D300/50cmくらい離れて2匹居ました。ペアで居る所も観察できています。メスです。
タツノイトコ

↓同上 オスです。
タツノイトコ



↓2011/3/5/秋の浜/-26m/D300/ここもペアになっていました。皮弁が、長くてかっこいい。
タツノイトコ



↓2011/2/26/秋の浜/-21m/CanonS90/この冬は、これで2組目の出会いです。いつもくっついている訳ではなく、求愛などの用事がある時に・・・です。
タツノイトコ



↓2010/5/24/秋の浜/-24m/FinePixF31fd/
左は、タツノイトコのオス。お腹の中には、育児中のタマゴがたくさん入っている様子。*ボコボコしてますよね。右は、ハナタツのメス。こちらもお腹にはタマゴです。
ハナタツとタツノイトコ



↓09年7月18日:秋の浜:-18m
今回訪問した際には、運良く2匹でいちゃいちゃ・・・。こんな行動は、ひと知れず行っているんでしょうね。
タツノイトコ・ペア



↓09年7月15日:秋の浜:-17m:7cmくらい   この子は、メスです。*腹部の形状で判断。
タツノイトコ・メス



↓09年7月7日:秋の浜:-18m:7~8cm   今回は、隣にメスも居ました。この個体は、オスです。
タツノイトコのオス



↓2005年5月26日:秋の浜:
タツノイトコ

オオウミウマ

オオウミウマ
トゲウオ目
ヨウジウオ科

↓2016/3/3/秋の浜/-23m/ 少し離れた場所で2個体目が出現。海藻地帯でした。
オオウミウマ



↓2016/2/18/秋の浜/-30m/5cm/
オオウミウマ
オオウミウマ



↓2012/5/1/ケイカイ/-12m/F31fd/
現地ガイドさんより情報を頂いき・・40分くらい捜索してヤット出会えた念願の大きなサイズのオオウミウマ。
下の写真の状態で20cm弱くらいです。

オオウミウマ


オオウミウマ

ハナタツ

ハナタツ
トゲウオ目
ヨウジウオ科
伊豆大島では、定番の人気者です。被写体としても、お薦め。
浅場でよく見られるが、深場で見つかることもある。
水温が高めの頃には、求愛&産卵を行っている。
腹部の形状で、オスとメスの見分けがつきます。


↓2015/8/6/野田浜/-6m/1,2cm/ このサイズは、久しぶりに出会えました。
ハナタツ幼魚



↓2015/6/12/ケイカイ/-7m/ このようにハナタツ2匹が並んでいるシーンをケイカイで見るのは初めてかも。ヤギの仲間に居てオスは、メスを追いかけている様子でした。右がオスで左がメスです。繁殖をしているのでしょう。
ハナタツ



↓2015/2/14/秋の浜/-22m/5cm/ 砂地の転石地帯に出た個体です。このエリア・・時々ハナタツが出てきます。好きな環境なのでしょう。
ハナタツ



↓2014/7/30/野田浜/-10m/ ハナタツのペアを久しぶりに見た。上:お腹がパンパンのオス。下は、皮弁がカッコイイ~メス。
ハナタツ・オス
ハナタツ・メス



↓2014/5/13/秋の浜/-18m/
ハナタツ



↓2014/4/12/秋の浜./-25m/8cm/
ハナタツ



↓2011/7/11/秋の浜/-30m/D300/下の画像のペアの場所に居るもう1個体です。こちらは、やや小ぶり。
ハナタツ?



↓2011/6/14/秋の浜/-30m/D300/今回もペアで居ました。
ハナタツ(?)



↓2011/6/9/秋の浜/-30m/D300/やっとペアで居る所が見られました。右=メス 左=オス*5/29と6/3の写真の個体です。
ハナタツ?のペア



↓2011/6/7/野田浜/-12m/S90/ココから下4カットは、全て野田浜で見られた子達。別個体です。オスです。
ハナタツ


↓同上 メスです。
ハナタツ

↓同上
ハナタツ

↓同上
ハナタツ



↓2011/6/3/秋の浜/-30m/D300/下の画像の個体と同じ場所で見られた子。メスです。てことは、ペアだったんでしょう。深い場所で見られるタイプなのですが、もしかしたら・・ハナタツではないかもしれません。タツノオトシゴ?でも、それとも少し違うような気がします。こうして、並べて比べてみると深場の個体達は、頭部の突起が少し高いように感じます。肌の質感も違うような・・*個人の感想です。
ハナタツ?



↓2011/5/29/秋の浜/-30m/S90/最初にこの子が、見つかりました。オスです。
ハナタツ



↓2011/4/9/秋の浜/-6m/D300/久しぶりに秋の浜で見たハナタツです。
ハナタツ



↓2011/2/10/野田浜/-12m/F31fd/
昨年より同じ場所で見られているハナタツ。ここは、住処には最適なのかも。特に今の時期・・・ダイバーが、少ない・・からね。
ハナタツ



↓2010/10/12/野田浜/-6m/NikonD300/汚い系の体色なので・・・すぐ解らなくなる。メスです。
ハナタツ



↓2010/8/1/秋の浜/-20m/2.2cm/OLYMPUS/C-760/今年姿を現したハナタツ達の子孫だろうか・・・まだ、幼魚です。
ハナタツ幼魚



↓2010/5/31/秋の浜/-24m/FinePixF31fd/結局、今現在はこの個体だけとなってしまった。タブン、別の場所に移動しちゃったのだろう。
ハナタツ



↓2010年5月12日:秋の浜:-25m付近:NikonD300+105mm
下の画像の縞タイプのハナタツと・・・似てませんか?見られた場所は、少しだけ離れていますが、もしかして。マズ、皮弁の配置。眼の前の白い部分があったり・・。さ~どうだ?
ハナタツ



↓2010年5月9日:秋の浜:-25m付近:NikonD300+105mm
左の砂地エリアに登場しているハナタツ・メスです。
ハナタツ



↓2010年3月19日;秋の浜:-25m:
1年ぶり以上・・・です。砂地でハナタツエリアが出来ました。まずこの子の特徴は、顔が縞模様な事です。メス。
ハナタツ



↓09年5月11日:秋の浜:-8m:
今年の冬は、低水温が続いたせいか・・・?ハタタツの個体数も減少したようだ。やっと最近になり発見した個体は、ペアでした。画像の子は、オス。
ハナタツ・オス

↓同上:正面から見るとこんな顔。
ハナタツ・オス



↓2008/11/2/秋の浜/C760/綺麗な配色です。皮弁もGOOD
ハナタツ



↓2005年5月27日:秋の浜:
ハナタツ


↓2005年5月26日:秋の浜:
ハナタツ


↓05年5月10日:秋の浜:右のコースへ向かう途中に居た。
ハナタツ

イバラタツ

イバラタツ
トゲウオ目
ヨウジウオ科
タツノオトシゴ亜科
タツノオトシゴ属
だいたい毎年1~2個体出会える種です。発見後、居なくなるのが早いです。



↓2015/6/8/秋の浜/-23m/7~8cm/
イバラタツ



↓2014/7/19/秋の浜/-28m/ 予想外に長い期間観察できている個体です。住み心地良好なんでしょうね。
イバラタツ



↓2013/4/13/秋の浜/-20m/7cm/
イバラタツ



↓2010/6/16/秋の浜/-26m/6cmくらい/NikonD300/
数年ぶりかも・・・。毎年情報はあるようですが、なかなか自分の前には出てこないもんです。伊豆大島では、珍しい種。
イバラタツ

ボウヨウジ

ボウヨウジ
トゲウオ目
ヨウジウオ科
こんなヨウジウオの仲間がいるとは・・・知りませんでした。


↓2015/2/11/秋の浜/-10m/6cm/ 顔の部分だけですが、木のような質感が特徴です。
ボウヨウジ



↓2010/10/2/秋の浜/-15m/CanonS90/長さは、10cmくらい。木のような肌の質感。
ボウヨウジ



↓2010年4月4日:ケイカイ:-8m:7cmくらい。
顔の部分は、木目調。アマクサヨウジの側に居ました。何故かは・・・不明。



↓同上:オレンジのは、アマクサヨウジ
4-4_0017540.jpg

ジャパニーズ・ピグミーシーホース

ジャパニーズ・ピグミーシーホース
トゲウオ目
ヨウジウオ科

↓2015/2/11/秋の浜/-26m/4mm/ この種で深い場所で出会えたのは、お初でした。よく動く・・
ジャパニーズ・ピグミーシーホース



↓2014/10/22/秋の浜/-10m/ 久しぶりに見つかりました。毎度毎度苦労します。
ジャパニーズ・ピグミーシーホース



↓2014/10/8/秋の浜/-10m/ 台風を2つやり過ごして・・まだ同じ場所で見られています。
ジャパニーズ・ピグミーシーホース



↓2014/9/18/秋の浜/-10m
ジャパニーズ・ピグミーシーホース
ジャパニーズ・ピグミーシーホース




↓2014/9/7/秋の浜/-10m/ 前回見られたのは、2006年だったようです。その時の画像が、見当たらないけど・・ま、いいか。
ジャパニーズ・ピグミーシーホース
ジャパニーズ・ピグミーシーホース
ジャパニーズ・ピグミーシーホース



ヒフキヨウジ

ヒフキヨウジ
トゲウオ目
ヨウジウオ科


↓2014/8/10/秋の浜/-25m/25cm/ 体は、角ばった感じ。口先は、短め。
ヒフキヨウジ

オイランヨウジ

オイランヨウジ
トゲウオ目
ヨウジウオ科
オイランヨウジ属


↓2013/11/11/秋の浜/14m/10cm/ この種にしては、浅い場所で見られました。
オイランヨウジ

ノコギリヨウジ

ノコギリヨウジ
トゲウオ目
ヨウジウオ科


↓2013/5/31/王の浜/-1m/7cm/ お腹にタマゴを抱いている。*写真では、上になります。
ノコギリヨウジ



↓2011/9/9/秋の浜/-8m/S90/全長1.5cmくらい。
ノコギリヨウジ幼魚



↓2010/10/1/秋の浜/-10m/CanonG10/
ノコギリヨウジ



↓2010/8/26/王の浜/-2m/6cm/Canon/S90/クリーニングをする習性があります。
ノコギリヨウジ

ヒナヨウジ

ヒナヨウジ
トゲウオ目
ヨウジウオ科


↓2012/9/6/秋の浜/-10m/XZ-1/
4cmくらい 自分では、判断出来なかったので質問してご意見を頂きました。
タブン、ヒナヨウジです、との事。

ヒナヨウジ

ダイダイヨウジ

ダイダイヨウジ
トゲウオ目
ヨウジウオ科
ヨウジウオ亜科
2009年くらいからー20m台のエリアで観察できるようになりました。
今までは、少し深い場所で見られていました。



↓2011/6/25/秋の浜/-30m/G10/
まだ、小さめの個体です。

ダイダイヨウジ






↓2011/4/17/秋の浜/-32m/S90/
最近は、-20m台では見つからなくなってしまいました。
今回の個体は、お腹にタマゴを抱いています。この種は、オスがタマゴを抱き育てます。

ダイダイヨウジ





↓2010/7/14/秋の浜/-26m/17cm/NikonD300/
繁殖シーズンです。お腹に抱かれたタマゴは、こぼれそう?

ダイダイヨウジ+タマゴ



↓2010/6/19/秋の浜/-25m/CanonG10/
今年もペアで観察できた上、抱卵もしているようです。*左の個体

ダイダイヨウジのペア



↓2010/6/4/秋の浜/-23m/NikonD300/
大きさは、6~7cmくらいだった。体色は、まだ淡い感じ。

ダイダイヨウジyg



↓09年7月12日:秋の浜:-22m:14cmくらい
ちょうどお腹にタマゴを抱いています。オスのお腹でタマゴを育てます。

ダイダイヨウジ

アマクサヨウジ

アマクサヨウジ
トゲウオ目
ヨウジウオ科 ヨウジウオ亜科

↓2010年4月4日:秋の浜:-8mくらい:7cmくらい
個人的には、あまり見かけない種ですが、時々目撃情報がある程度。
このオレンジの体色は、初めて見ました。体色のバリエーションがあります。
実は、一緒にボウヨウジが写っています。


タツノオトシゴ

タツノオトシゴ
トゲウオ目
ヨウジウオ科

発見した環境は、水底。当時は、ハナタツなのか?と思っていた種です。
その後、稀に同一タイプを観察出来る機会があり、調べてみるとタツノオトシゴなんだそうです。
幼魚の頃は、頭頂部の突起が、然程飛び出している風に見えないので、よく解りません。


↓05年5月8日:秋の浜:2.5cmくらい:同じ個体で3カットです。

タツノオトシゴ


↓05年5月8日:秋の浜:2.5cmくらい:トリミング画像

タツノオトシゴ


↓05年5月8日:秋の浜:2.5cmくらい

タツノオトシゴ
伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示