> 伊豆大島 海の生き物達

ヤライイシモチ

ヤライイシモチ
スズキ目
テンジクダイ科
ヤライイシモチ属


↓2016/9/27/秋の浜 定かではないのですが・・一応、ヤライイシモチかな??
ヤライイシモチ

アオスジテンジクダイ

アオスジテンジクダイ
スズキ目
テンジクダイ科


↓2016/1/1/野田浜/-8m/
アオスジテンジクダイ



↓2015/11/16/野田浜/-7m/
アオスジテンジクダイ
アオスジテンジクダイ



↓2012/12/6/秋の浜/-15m/9cm/XZ-1/ 右の斜面に数個体集まっていました。
アオスジテンジクダイ



↓2010/12/19/野田浜/-10m/NikonD300/ 下の個体より少し成長するとこんな感じ。
アオスジテンジクダイ



↓2010/9/22/秋の浜/-10m/CanonG10/ 大島では、季節来遊のお魚です。
アオスジイシモチ

ミナミフトスジイシモチ

ミナミフトスジイシモチ
スズキ目
テンジクダイ科



↓2015/9/29/秋の浜/
ミナミフトスジイシモチ幼魚
ミナミフトスジイシモチ幼魚



↓2012/12/28/秋の浜/-18m/D300/7cmくらい
ミナミフトスジイシモチ



↓2012/11/11/秋の浜/-4m/7cm/XZ-1/浅場ゴロタ石の間に居ました。
ミナミフトスジイシモチ



↓2012/9/30/秋の浜/-18m/XZ-1/
ミナミフトスジイシモチ



↓2011/12/27/秋の浜/G10/
ミナミフトスジイシモチ幼魚



↓2010/8/27/秋の浜/-11m/Canon/G10/今年も・・・1個体見つかりました。
ミナミフトスジイシモチ


↓09年11月5日:秋の浜:-12m:7cmくらい
先日見つけた時には、うまく撮れなかったので、今回撮り直しです。 お腹から何か・・・出ているぞ。 *Nikon D300
ミナミフトスジイシモチ

ヒトスジイシモチ

ヒトスジイシモチ
スズキ目
テンジクダイ科


↓2015/9/23/秋の浜/-21m/ ユカタイシモチに似ているそうですが・・尾柄部の黒斑が、体のラインの延長上にあるのがヒトスジだそうです。
ヒトスジイシモチ



↓2012/12/4/秋の浜/-24m/6cm/XZ-1/
ヒトスジイシモチ

ヤミテンジクダイ

ヤミテンジクダイ
スズキ目
テンジクダイ科


↓2014/12/18/秋の浜/-10m/4cm/

オオスジイシモチ

オオスジイシモチ
スズキ目
テンジクダイ科


↓2013/7/18/秋の浜/-10m/14cm/ 口内保育中です。
オオスジイシモチ
オオスジイシモチ
オオスジイシモチ



↓2011/8/8/秋の浜/-3m/F31fd/
ちょうどオスが、産みたての卵を口にくわえた所です。
オスは、タマゴを口から出したり入れたりを繰り返していました。
その際に、メスは、産んだ卵をどうすんのよ!ってな感じでオスを追いまわします。食べられちゃうと思うんでしょうね~
オオスジイシモチ



↓2010/6/11/秋の浜/-10m/11cm/NikonD300/このタマゴは、まだ、産み立てなのでこんな色です。
オオスジイシモチ+タマゴ



↓2010/6/11/秋の浜/-10m/11cm/NikonD300/
この時期に産卵行動をします。写真は、口内保育中のオス。口の中のタマゴは、眼が出来始めています。
オオスジイシモチ+タマゴ

ネンブツダイ

ネンブツダイ
スズキ目
テンジクダイ科


↓2013/6/21/秋の浜/-15m/ 下に居るのは、別種 
ネンブツダイ



↓2010/12/19/野田浜/-10m/NikonD300/少し成長してネンブツダイらしくなり始めているように感じます。
ネンブツダイ幼魚



↓2010/9/17/秋の浜/-10m/CanonS90/
今年、産まれた幼魚たちが大群を作る。これも、しばらくすると・・・捕食者に襲われて、どこへやら。
タブン、ネンブツダイ以外にも混ざっているだろう。
ネンブツダイ幼魚

キンセンイシモチ

キンセンイシモチ
スズキ目
テンジクダイ科
大島では、成魚も多く見られ群れている事も。口内保育をします。


↓2013/6/17,18/秋の浜/-16m/
キンセンイシモチ
キンセンイシモチ



↓2009年11月15日:秋の浜:
キンセンイシモチの沖縄型(ストライプ)幼魚です。 *Canon G10
イシモチ系

ヤミテンジクダイ

ヤミテンジクダイ
スズキ目
テンジクダイ科


↓2013/2/13/秋の浜/-10m/XZ-1/

ヤミテンジクダイ



↓2008/11/21/秋の浜/D300/
いつも穴の奥のほう~で見つかるので、撮るのが大変。ライトを当てれば、隠れようとするし・・・

ヤミテンジクダイ

カスリイシモチ

カスリイシモチ
スズキ目
テンジクダイ科


↓2012/12/4/秋の浜/-10m/XZ-1/

カスリイシモチ



↓2012/10/28/秋の浜/-10m/8cm/XZ-1/

カスリイシモチ



↓2012/10/18/秋の浜/-10m/S100/
段下エリアで長い事住み着いていました。10cmくらい

カスリイシモチ



↓2010/11/22/秋の浜/CanonG10/

カスリイシモチ



↓2010/9/26/秋の浜/-12m/NikonD300/
ユカタイシモチに似ているそうですが、第一背鰭に黄色が目立つのでカスリだそうです。
今年は、数個体見られています。

カスリイシモチ

リュウキュウヤライイシモチ

リュウキュウヤライイシモチ
スズキ目
テンジクダイ科
ヤライイシモチ属

↓2012/10/25/秋の浜/-12m/8cm/XZ-1/
同じ場所で観察出来ていました。住処の移動は、しないようです。

リュウキュウヤライイシモチ

スダレヤライイシモチ

スダレヤライイシモチ
スズキ目
テンジクダイ科
テンジクダイ亜科
ヤライイシモチ属

↓2012/10/24/秋の浜/7~8cm/-12m/D300/

スダレヤライイシモチ



↓2008/12/8/秋の浜/
7~8cmでした。ラインの太さは、違いがあります。尾鰭付け根部分の模様にも特徴があります。

スダレヤライイシモチ


テンジクダイ科

不明
スズキ目
テンジクダイ科

↓2010/9/23/秋の浜/-3m/NikonD300/
やけにキラキラした奴だな~と思いパチリ。オオスジイシモチか?色彩の変異だろう。

テンジクダイ科

コスジイシモチ

コスジイシモチ
スズキ目
テンジクダイ科
伊豆大島では、普通種です。産卵もしています。



↓2009年11月28日:秋の浜:-26m:
このくらいの水深帯で見られることが多いようです。
*CanonG10

コスジイシモチ




↓09年9月24日:秋の浜:-25m:10cmくらい
細いラインが、特徴です。ペアで居る時は、産卵のシーズンです。

コスジイシモチのペア

コミナトテンジクダイ

コミナトテンジクダイ
スズキ目
テンジクダイ科


↓09年7月2日:秋の浜:-3m:6cmくらい
横穴の奥のほうに居ることが多いので、ほとんどガイドネタには、してません。
この手の生き物は、個人の楽しみの範疇なのでしょうか・・・
今回は、口内保育をしているところのようです。
最近は、ネンブツダイ・オオスジイシモチ・コスジイシモチなどが同様に口内保育をしています。



↓同上

20090702-_0011170.jpg

伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示