> 伊豆大島 海の生き物達

メガネゴンベ

メガネゴンベ
スズキ目
ゴンベ科
大島では、珍しいゴンベの仲間


↓2016/9/15&24/秋の浜
メガネゴンベ幼魚

メガネゴンベ幼魚



↓2016/9/6/秋の浜/
メガネゴンベ幼魚



↓2015/9/10/王の浜/-14m/2.5cm/ サンゴの上に居て、すごく撮りやすい子でした。
メガネゴンベ幼魚
メガネゴンベ幼魚



↓2010/11/30/王の浜/-14m/CanonG10/サンゴに依存した生活をしているようです。なかなか手ごわい子。
メガネゴンベ幼魚
メガネゴンベ幼魚

ヒメゴンベ

ヒメゴンベ
スズキ目
ゴンベ科



↓2016/9/10/秋の浜
ヒメゴンベ幼魚



↓2014/2/11/野田浜/-11m/4.5cm/
ヒメゴンベ幼魚



↓2012/10/8/王の浜/-14m/XZ-1/3.5~4cmくらい
ヒメゴンベ幼魚



↓2010/12/10/秋の浜/-11m/NikonD300 サンゴに住み着いていることが多いが、他の場所でも見つかる。
ヒメゴンベ幼魚



↓2010/11/21/王の浜/-16m/CanonS90/サンゴの上にて・・・
ミナミゴンベ



↓2008/10/28/秋の浜/-5m/C760/2.5cm前後です。
ヒメゴンベ幼魚

サラサゴンベ

サラサゴンベ
スズキ目
ゴンベ科


↓2015/10/15/秋の浜/-16m/3.5cm/
サラサゴンベ幼魚



↓2011/1/12/秋の浜/-11m/NikonD300/下の個体と同一と思われます。
サラサゴンベ



↓2010/12/18/秋の浜/-10m/F31fd/6~7cmの個体でした。この位で成魚だろう。毎年、出会う事が出来るが、個体数は少ない。今年は、この個体の他に幼魚を1個体確認。
サラサゴンベ

オキゴンベ

オキゴンベ
スズキ目
ゴンベ科
伊豆大島では、よく見られる種のオキゴンベです。 幼魚は、大変綺麗な黄色の体色で人気です。
成魚が、2匹で一緒に居る所も見られるので産卵をしていると思われますが、 明らかな求愛の行動などは、見た事がない。


↓2015/6/15/秋の浜/-25m/13cm/
オキゴンベ



↓09年3月12日:秋の浜:-27m:トサカに2匹で住み着いていました。
オキゴンベのペア



↓05年5月3日:秋の浜 :まだ、幼魚です。
オキゴンベyg

クダゴンベ

クダゴンベ
スズキ目
ゴンベ科
ヤギ類やトサカ類に住み着きます。
小型の甲殻類などを食べています。
伊豆大島では、秋の浜で通年観察出来ていますが、-30m以深の場合が多いようです。


↓2013/7/10/秋の浜/-33m/4cm/
クダゴンベ幼魚



↓2013/4/1/秋の浜/-32m/4cm/
クダゴンベ幼魚



↓2011/9/6/秋の浜/-37m/S90/
ゲストさんをお連れするには、ちと深すぎる・・・深い場所では、通年観察されているようです。
僕は、久しぶりに見ました。
クダゴンベ



↓2011/3/11/秋の浜/-33m/D300/
今回は、最初に出会った場所で再会できました。*下の画像の子と同一。
クダゴンベ



↓2011/3/4/秋の浜/-33m/D300/
う~ん、やはりチト深い。ガイドするには、考えちゃいます。
5cmくらいの個体で、よく動いていました。
クダゴンベ



↓05年5月10日:秋の浜:右のトサカのコースで見られていた個体です。
クダゴンベ

ミナミゴンベ

ミナミゴンベ
スズキ目
ゴンベ科
伊豆大島では、個体数はやや多め。



↓2011/10/25/秋の浜/-7m/D300/
鰓蓋の部分は、トゲトゲなんですね~。

ミナミゴンベ







↓2011/1/20/秋の浜/-17m/NikonD300/
ポピュラーな種です。大きな個体も見られるのですが、3cm前後の幼魚は、何処に居るんだろう?

ミナミゴンベ





ホシゴンベ

ホシゴンベ
スズキ目
ゴンベ科


↓2009/1/6/秋の浜/D300/
大島では、幼魚のみ観察できます。サンゴの上などに登場。

ホシゴンベ幼魚






↓2008/11/29/秋の浜/-7m/C760/
3cmくらいの子。体の上下ではっきり色分けされているのが特徴です。

ホシゴンベ幼魚

ウイゴンベ

ウイゴンベ
スズキ目
ゴンベ科
ゴンベの仲間といえば、着低している種が多いのですが、この種は、着低&遊泳のタイプ。
ゴンベの中では、一番個体数が多い。



↓2011/2/1/秋の浜/-25m/NikonD300/
最近、このカイメンの上がお気に入りのようです。

ウイゴンベ






↓2010/9/28/秋の浜/-28m/NikonD300/
ウミトサカの側を泳いでいたり・・・多く見られます。今回は、ザラカイメンにて。

ウイゴンベ



↓05年5月23日:秋の浜:
秋の浜のやや深い場所で通年見られる種。まれ~に、こんな2ショット。

ウイゴンベ

伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示