> 伊豆大島 海の生き物達

セダカスズメダイ

セダカスズメダイ
スズキ目
スズメダイ科


↓2016/9/7/秋の浜/-4m/ 幼魚期は、大変綺麗な色合いです。
セダカスズメダイ幼魚



↓2014/7/16/秋の浜/-8m/9cm/ すでに産卵ををしてタマゴを守っている段階です。
セダカスズメダイ

オナガスズメダイ

オナガスズメダイ
スズキ目
スズメダイ科
スズメダイ属



↓2016/8/2/秋の浜/-12m/
オナガスズメダイ幼魚



↓2015/9/28/秋の浜/-26m/下画像の個体と同一
オナガスズメダイ幼魚



↓2015/9/13/秋の浜/2.5cm/
オナガスズメダイ幼魚



↓2011/10/13/秋の浜/G10/深い場所で見られるスズメダイの仲間です。
オナガスズメダイ幼魚

オキナワスズメダイ

オキナワスズメダイ
スズキ目
スズメダイ科



↓2017/7/1/ 秋の浜 浅場で見られました。
オキナワスズメダイ幼魚

ヒメスズメダイ

ヒメスズメダイ
スズキ目
スズメダイ科



↓2015/12/28/秋の浜/-10m/
ヒメスズメダイ幼魚



↓2015/9/3/秋の浜/-5m/2.5cm/
ヒメスズメダイ幼魚

シコクスズメダイ

シコクスズメダイ
スズキ目
スズメダイ科



↓2015/11/15/秋の浜/-10m/
シコクスズメダイ幼魚



↓2015/11/4/秋の浜/-10m/
シコクスズメダイ幼魚



↓2013/11/22/秋の浜/-12m/2.7cm/
シコクスズメダイ幼魚



↓2013/7/9/秋の浜/-4m/2cm/
シコクスズメダイ幼魚



↓2010/7/27/秋の浜/CanonG10/この時期に多く出てくる。
シコクスズメダイ



↓2009年11月15日;秋の浜:-10m:2.5cmくらい
毎年、幼魚が多めに出現します。今年は、少なめ・・です。 唇にも青いラインが、入っているんですね・・・かわいい。 *Canon G10
シコクスズメダイyg

デルタスズメダイ

デルタスズメダイ
スズキ目
スズメダイ科




↓2015/11/9/秋の浜/-35m/
デルタスズメダイ幼魚
デルタスズメダイ幼魚



↓2011/11/3/秋の浜/CanonG10/シコクスズメダイに大変似ているのが、特徴?
デルタスズメダイ幼魚

ヒレグロスズメダイ

ヒレグロスズメダイ
スズキ目
スズメダイ科



↓2015/10/24/秋の浜/-12/
ヒレグロスズメダイ幼魚
↓2015/11/6/同一個体
ヒレグロスズメダイ幼魚




↓2010/8/27/秋の浜/-10m/Canon/S90/ 伊豆大島では、あまり見かけないスズメダイの仲間。
ヒレグロスズメダイ幼魚

ヒマワリスズメダイ

ヒマワリスズメダイ
スズキ目
スズメダイ科



↓2015/11/1/秋の浜/-33m/  撮影したエリアでは、個体数が多かったです。
ヒマワリスズメダイ幼魚




マルスズメダイ

マルスズメダイ
スズキ目
スズメダイ科



↓2015/10/9/秋の浜/ -29m/
マルスズメダイ幼魚

クロメガネスズメダイ

クロメガネスズメダイ
スズキ目
スズメダイ科

↓2015/9/29/秋の浜/
クロメガネスズメダイ幼魚



↓2014/9/26/王の浜/-18m/1.5cm/
クロメガネスズメダイ幼魚



↓2013/6/27/秋の浜/-19m/1cm/
クロメガネスズメダイ幼魚



↓2012/11/14/秋の浜/-17m/3cm/XZ-1/
クロメガネスズメダイ幼魚



↓2012/10/25/秋の浜/2cm/-22m/D300/
クロメガネスズメダイ幼魚



↓2012/9/24/秋の浜/-10m/D300/2.5cmくらい。この位の時は、こんな感じの色。
クロメガネスズメダイ



↓2011/10/18/秋の浜/-30m/G10/出現個体数は、少ない種です。
クロメガネスズメダイ幼魚

イワサキスズメダイ

イワサキスズメダイ
スズキ目
スズメダイ科



↓2015/9/10/王の浜/-3m/1.5cm/
イワサキスズメダイ



↓2011/10/4/王の浜/-3m/S90/トリミング/大きさは、1cmくらいで岩の隙間を出たり入ったり・・眼の部分が、キラキラしていたのであれ?と思い撮影しておきました。個人的には、出会ったのは初めて。
イワサキスズメダイ幼魚

フタスジリュウキュウスズメダイ

フタスジリュウキュウスズメダイ
スズキ目
スズメダイ科


↓2015/9/10/王の浜/-14m/最近は、王の浜で毎年見られています。
フタスジリュウキュウスズメダイ幼魚



↓2012/9/14/王の浜/-15m/XZ-1/王の浜のサンゴの上で見られました。
フタスジリュウキュウスズメダイ幼魚



↓2010/9/27/王の浜/-15m/CanonG10/トリミング画像/
以前にも出てことがあります。この場所には、この子しか居ませんでした。たくさん居たら・・・誰も見ないかもね~大島しか潜らない僕にとっては、すご~く嬉しいのだ。
フタスジリュウキュウスズメダイ幼魚

クマノミ

クマノミ
スズキ目
スズメダイ科クマノミ亜科


↓2015/6/25/秋の浜/-15m/ 尾鰭全体が黄色です。本州型のクマノミのオス
クマノミ



↓2011/8/7/秋の浜/-12m/C760/色の尾鰭=オス
クマノミ



↓2011/8/4/秋の浜/F31fd/
クマノミ



↓2011/7/8/秋の浜/12m/D300/すでに産卵が始まっている時期です。
クマノミ



↓2011/3/27/秋の浜/-12m/D300/浮遊物が多い日。餌を食べるのに忙しそうです。
クマノミ



↓2011/1/29/秋の浜/-18m/CanonS90/只今の水温、15~14℃です。イソギンチャクの色も少し悪くなる時期です。そんな時は、クマノミもあまり元気そうに見えません。餌を食べている時以外は、イソギンチャクに包まっている事が多いように感じます。
クマノミ



↓2010/8/30/秋の浜/-10m/Canon/S90/そろそろハッチアウトしそうな・・・タマゴです。
クマノミ・タマゴ



↓2010/5/31/秋の浜/-12m/FinePixF31fd/伊豆大島のクマノミは、大きめの個体であれば、越冬出来る個体が多い。このペアも越冬組です。
クマノミ



↓2010年5月19日:秋の浜:-16m付近:3.5cmくらい*NikonD300
伊豆大島では、このクマノミしか見られません。他の種だと季節来遊してきたりするのですが・・・
イソギンチャクに住み着いているので、このイソギンチャクの生息エリアにもかなり影響があるのだろう。
クマノミ

ナガサキスズメダイ

ナガサキスズメダイ
スズキ目
スズメダイ科
伊豆大島では、通年見られる種。
・・・なんですが、成魚になれば、ほとんど見向きもされない種。
産卵行動も観察した記憶がないな~


↓2014/12/3/秋の浜/-10m/ 顔の部分には、幼魚の頃の模様が残っていました。
ナガサキスズメダイ



↓2014/7/16/秋の浜/-23m/ そろそろ産卵の準備段階のようです。
ナガサキスズメダイ
ナガサキスズメダイ



↓2012/6/28/秋の浜/-12m/XZ-1/1cmくらいの幼魚は、ブルーが綺麗。
ナガサキスズメダイ幼魚



↓2011/12/15/秋の浜/-12m/D300/流れのある日。浅場で餌を食べていました。
ナガサキスズメダイ



↓2010/8/26/秋の浜/Canon/S90/まだ体がスケルトン・・・幼魚。背鰭の班だけしっかり出てます。
ナガサキスズメダイ幼魚



↓2010/7/15/秋の浜/CanonG10/今年も各所で出はじめました。急に数も増えます。
ナガサキスズメダイ幼魚



↓09年9月25日:秋の浜:-10m:7cmくらい
この子・・・ずっとこんな感じでした。何か食べてるのか?喉につかえて苦しそう??
ナガサキスズメダイ



↓09年9月9日:秋の浜:-15m:1.5cmくらい 今年は、ちょっと遅めの出没です。でも出始めると一挙にゴチャと出てきました。
ナガサキスズメダイyg



↓09年6月15日:秋の浜:-15m:75cmくらい
産卵行動を見た記憶がないのですが・・・今回は、マツバスズメダイのように砂地にある岩の横で怪しい行動。
でも、この個体1匹だけだったんですよね~。
ナガサキスズメダイ



↓2008/10/29/秋の浜/-19m/c760/4cm前後の個体です。
ナガサキスズメダイ幼魚

スズメダイ

スズメダイ
スズキ目
スズメダイ科
ネットでは、スズメダイとミヤケスズメダイは、大変似ていて・・・もしかして、地域差なのか?との記載もありました。
私は、研究者でもありませんので、出来れば見た目で解るのが、うれしいのですが・・・。
機会があれば、あれこれと撮影して掲載してみます。


↓2014/9/11/秋の浜/-10m/
スズメダイ



↓2014/6/22/秋の浜/-10m/10cm/ 尾鰭の付け根に白斑がないタイプ。昔の図鑑では、ミヤケスズメダイとされていた種に似ている。
マツバスズメダイ



↓2013/7/10/秋の浜/-12m/12cm/ 岩場にタマゴを産み付けていました。
スズメダイ産卵
スズメダイ産卵
スズメダイ産卵



↓2012/11/15/秋の浜/-16m/XZ-1/
スズメダイ



↓09年6月21日:秋の浜:-3m:7~8cmくらい
少し前から産卵の季節が始まっています。岩肌に産み付けて卵を守っているオスです。 尾鰭付け根に白斑のないタイプ
スズメダイ

シロボシスズメダイ

シロボシスズメダイ
スズキ目
スズメダイ科


↓2014/7/31/秋の浜/-28m/4cm/
シロボシスズメダイ



↓2014/7/20/秋の浜/-20m/8cm/ 成魚です。
シロボシスズメダイ



↓2010/8/2/秋の浜/-28m/1.8cm/Canon/G10/この種は、やや深い場所を好むようです。
シロボシスズメダイ幼魚



↓09年5月9日:秋の浜:-26m:2.5cmくらい
幼魚の頃は、すごくあわ~い感じの色合いです。小さいほどかわいいのです。
シロボシスズメダイyg



↓2008/11/24/秋の浜/-26m/D300/
シロボシスズメダイ幼魚

ソラスズメダイ

ソラスズメダイ
スズキ目
スズメダイ科



↓2014/3/1/秋の浜/-10m/3.5cm/
ソラスズメダイ



↓2010/12/11/秋の浜/-3m/CanonS90/
水温が高めの時期には、浅場で群れる。日差しのある中で見ると、華やかな雰囲気。
幼魚の頃は、体色が綺麗。産卵時期になると体色が、変化。
ソラスズメダイ幼魚

アマミスズメダイ

アマミスズメダイ
スズキ目
スズメダイ科


↓2014/2/5/秋の浜/-31m/3cm/
アマミスズメダイ幼魚



↓2012/5/25/秋の浜/-13m/D300/
今シーズンは、越冬した個体と・・新たに登場した個体とが見られています。例年より個体数が多い。
アマミスズメダイ幼魚



↓2011/11/10/秋の浜/-19m/D300/この時期は、すでに少し成長した個体が見られています。
アマミスズメダイ幼魚



↓09年4月20日:秋の浜:-15m:6.5cmくらい
幼魚のころは、人気のあるお魚ですが、このくらい成長すると、どうも・・・目を引きません。
もう少し成長すると、更に・・・
アマミスズメダイ

ヨロンスズメダイ

ヨロンスズメダイ
スズキ目
スズメダイ科

↓2013/8/29/秋の浜/-5m/ 下と同一個体
ヨロンスズメダイ幼魚



↓2013/7/9/秋の浜/-5m/2.5cm/ 初めて見たお魚です。
ヨロンスズメダイ幼魚
ヨロンスズメダイ幼魚

ミスジスズメダイ

ミスジスズメダイ
スズキ目
スズメダイ科


↓2013/6/18/秋の浜/-30m/3~3.5cm/
ミスジスズメダイ
ミスジスズメダイ



↓2011/7/16/秋の浜/-24m/D300/
数個体で居るという事がないスズメダイです。縄張り意識が強いのか・・
ミスジスズメダイ



↓2011/3/25/秋の浜/-30m/D300/
ミスジスズメダイ



↓2010年4月21日:秋の浜:-30m付近:3cmくらい
伊豆大島では、秋の浜でしか見たことがない。(*ビーチポイントでは)
生息エリアは、-30m前後のエリアです。通年観察できます。
通年見られるスズメダイの中では、一番かわいい子。*個人的好みですが・・
ミスジスズメダイ



↓2008/11/2/秋の浜/-27m/C760/
ミスジスズメダイ

キビレスズメダイ(通称)

キビレスズメダイ(通称)
スズキ目
スズメダイ科

↓20913/5/18/秋の浜/-10m/8mm/
キビレスズメダイ幼魚

セナキルリスズメダイ

セナキルリスズメダイ
スズキ目
スズメダイ科
ソラスズメダイ亜科
年に1個体?程度の確認数です。伊豆大島ダイバーにとっては貴重な存在です。

↓2013/5/8/秋の浜/-19m/2.5cm/
セナキルリスズメダイ幼魚



↓2011/7/30/秋の浜/-29m/G10/
セナキルリスズメダイ幼魚



↓2010年1月18日:秋の浜:-39m:
下の写真の子と同一。ちゃんと年越ししていました。
セナキルリスズメダイ



↓2009年12月18日:秋の浜:-37m:3.5cm
浅場への折り返し地点から・・・見えちゃいました。無理せず証拠の写真だけ撮ってすぐに帰路へ。
今シーズンは、この子にしか会えませんでした。
セナキルリスズメダイ

キホシスズメダイ

キホシスズメダイ
スズキ目
スズメダイ科


↓2013/4/11/秋の浜/-6m/1cm/
キホシスズメダイ幼魚



↓2011/6/14/秋の浜/-12m/D300/
少し前から姿を見かけるようになりました。1.5cmくらい。
キホシスズメダイ幼魚



↓2010/6/15/秋の浜/CanonG10/
かなり小さな個体です。まだ、これといった特徴もないんですが・・・キホシだよな?
キホシスズメダイyg



↓2010/6/13/野田浜/-10m/1.3cm/CanonS90/
今年は、キホシがたくさん出てきている。
キホシスズメダイyg



↓09年9月2日:王の浜:-16m:1,2cmくらい
肉眼で見た時には、体の前半部分と後半部分がちょっと違う色見えたのですが・・・
出来上がりを見ると・・・そうでもない。 多分、キホシでよいと思います。
キホシは、幼魚期にもう1つ別のバージョンの体色の子も居ます。
キホシスズメダイyg

ヤマブキスズメダイ

ヤマブキスズメダイ
スズキ目
スズメダイ科


↓2012/12/2/秋の浜/-29m/4cm/XZ-1/

ヤマブキスズメダイ幼魚



↓2012/11/30/秋の浜/-29m/4cm/D300/
個人的には、始めてみたお魚です。ウミトサカに寄り添って住んでいました。

ヤマブキスズメダイ幼魚

レモンスズメダイ

レモンスズメダイ
スズキ目
スズメダイ科

↓2012/11/1/ケイカイ/-17m/4cm/XZ-1/
発見してしばらくしてから証拠写真を撮りに出かけてみました。
かなりの手ごわかったです。動きがかなり不規則でピントが全然合いません。
大島では、珍しいです。

レモンスズメダイ

メガネスズメダイ

メガネスズメダイ
スズキ目
スズメダイ科
毎年出会えるお魚です。伊豆大島では、幼魚期しか見られないのが・・ちょっと残念。


↓2012/11/1/ケイカイ/-8m/1.5cm/XZ-1/
石の隙間を出たり入ってリしていたのですが、すごく撮り易い子でした。

メガネスズメダイ幼魚



↓2011/11/17/秋の浜/-5m/XZ-1/
今シーズンは、ちと個体数が少ないようです。こんな色合いの時もある。

メガネスズメダイ幼魚



↓09年8月28日:秋の浜:-4m:幼魚
この綺麗な体色は、ホントに魅力的。動きが、早いので撮影には、瞬発力が必要か?

メガネスズメダイyg

マツバスズメダイ

マツバスズメダイ
スズキ目
スズメダイ科
伊豆大島では、個体数の多い種で通年観察できます。
産卵行動も行っています。


↓2012/6/2/秋の浜/-16m/XZ-1/
産卵の時期になりました。水温は、20~18℃マツバスズメダイの産卵は、キスシーンがおすすめかな?
マツバスズメダイ・産卵

マツバスズメダイ・産卵

マツバスズメダイ・産卵

マツバスズメダイ・産卵




↓2010/7/15/秋の浜/CanonG10/成魚の数が多いので、当然幼魚も多い。ま・・・誰も撮らんか。
マツバスズメダイ幼魚



↓2010/7/10/秋の浜/-16m/8~9cm/OLYMPUS/C-760/
毎年、大きなヤギの仲間に産み付けています。今回は、たまたまそのシーンに出会えました。
オスと思われる個体が、メスの頭部にキスしていますが・・・口と口でキスしている所も見られます。どんな意味があるんでしょう?
産卵の時期は、尾鰭部分が写真のような色合いに変化します。通常より少し派手。
マツバスズメダイ産卵

マツバスズメダイ産卵



↓09年7月26日:秋の浜:-18m
実は、アオリイカの産卵の為!に設置したものなんですが・・・ここ数年連敗続き・・・ このようにマツバスズメダイが使っておりました。 水底に産卵するのですが、海藻に産み付けたり・・・この産卵床にも産んでいるようです。
このようにいろんな場所で産卵出来る種は、繁殖力も強いのだ!=個体数も多い!って事のようです。
マツバスズメダイ

イシガキスズメダイ

イシガキスズメダイ
スズキ目
スズメダイ科



↓2012/1/11/秋の浜/-9m/D300/
すでに水温が下がり始めましたが・・まだ、居ました。

イシガキスズメダイ



↓2011/9/13/秋の浜/C760/
サンゴの隙間に入り込んでいます。

イシガキスズメダイ幼魚

コガネスズメダイ

コガネスズメダイ
スズキ目
スズメダイ科
伊豆大島では、通年見られる種です。産卵行動も観察できます。



↓2011/11/7/秋の浜/G10/
コガネスズメダイ幼魚



↓2011/10/18/秋の浜/G10/
コガネスズメダイ幼魚



↓2010年3月22日:秋の浜:-27mくらい
水温の低い時期に見られる光景です。トサカなどに寄り添って密に群れています。押し競饅頭のような・・状態です。
コガネスズメダイ



↓09年6月2日:秋の浜:-26m:7cmくらい  時々数個体で群れて水底近くに居る事があります。
コガネスズメダイ



↓2008/10/31/秋の浜/-18m/C760/2.5~3cmくらい。幼魚の頃は、体色が鮮やか。
コガネスズメダイ幼魚

ハクセンスズメダイ

ハクセンスズメダイ
スズキ目
スズメダイ科
イシガキスズメダイ属



↓2011/10/13/秋の浜/G10/
浅い場所を好む種です。

ハクセンスズメダイ幼魚
伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示