> 伊豆大島 海の生き物達

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コウライトラギス

コウライトラギス
スズキ目
トラギス科
5~9月が産卵期だそうです。
伊豆大島では、通年観察できますがこの時期の観察が楽しいですね~



↓2015/4/24/秋の浜/-23m/ 縄張り争いをしていました。
コウライトラギスの縄張り争い
コウライトラギスの縄張り争い




↓2011/5/15/秋の浜/-25m/D300/
砂地で出会えたシーンです。最初、メスだけに目が留まりました。
次の瞬間、オスが横に寄り添いました。この状態で・・1分くらい。*タブンです。
横に居る時は、これといって動きはなかった。メスが、嫌がるような仕草はなかった。どんな意味があったのでしょう?
コウライトラギスのペア

↓同上
コウライトラギスのペア



↓09年8月1日:秋の浜:-15mくらい。三つ巴・・・の縄張り争いです。勝負する相手が多いのも・・・大変ですね。*Canon G10
コウライトラギス



↓09年5月12日:秋の浜:-23m:8~9cm オス同士がケンカをしているシーンです。 こんな時は、興奮状態にあるので体色も変化します。
コウライトラギスのケンカ
スポンサーサイト

カモハラトラギス

カモハラトラギス
スズキ目
トラギス科


↓2015/1/24/秋の浜/-20m/ 少しだけ離れてペアで居たカモハラトラギスです。上は、オス。下は、メスになります。
模様の違いで判断できます。(^^♪
カモハラトラギス
カモハラトラギス



↓2011/10/31/秋の浜/-17m/D300/
砂地で出会えたシーンです。2匹で怪しい行動。そうそう見られるシーンじゃないので、じっくり観察してきました。
どうやら求愛をしているようです。体の模様が薄くなっているのが、婚姻色のようです。
てことは・・こちらがオスだろうと思ったのですが・・ネットで調べていると、顔に点々模様が多いのがオスなんだそうです。と言う事は、メスの体色が変化している事になります。
カモハラトラギス

カモハラトラギス

カモハラトラギス

カモハラトラギス

カモハラトラギス

トラギスsp(オガサワラトラギス)

トラギスsp(オガサワラトラギス?)
スズキ目
トラギス科
個人的には、初めて見るお魚です。体の模様に特徴があります。

↓2013/4/10/秋の浜/-29m/8cm/
オガサワラトラギス?

サンゴトラギス

サンゴトラギス
スズキ目
トラギス科


↓2012/11/14/秋の浜/-23m/4cm/XZ-1/

サンゴトラギス幼魚



↓2011/11/2/秋の浜/-15m/XZ-1/
毎年見られる種ですが、個体数は多くない。

サンゴトラギス



↓2011/9/20/秋の浜/-15m/D300/
ちょっと体色も派手なトラギスの仲間。

サンゴトラギス

ワヌケトラギス

ワヌケトラギス
スズキ目
トラギス科



↓2012/11/4/秋の浜/-4m/12cm/XZ-1/

ワヌケトラギス



↓2010/9/21/秋の浜/-3m/NikonD300/
地味なので見向きもされないが・・・大島では、個体数の少ない種。
まだ、幼魚の模様です。4.5cm~5cmくらい。

ワヌケトラギス幼魚

マダラトラギス

マダラトラギス
スズキ目
トラギス科

↓2011/12/26/秋の浜/-18m/D300/
6cmくらい。

マダラトラギス




↓2011/1/14/秋の浜/-3m/NikonD300/
下の画像の個体と同じだと思います。同じ場所で暮らしているんですね。

マダラトラギス




↓2010/9/28/秋の浜/-3m/NikonD300/
最近、浅めの場所でよく見かけるようになっています。

マダラトラギス

トラギス

トラギス
スズキ目
トラギス科


↓2011/6/3/秋の浜/-30m/D300/
他のものを観察中・・隣が、バタバタしてると思ったらコレでした。お互い怒ってます。

トラギスのケンカ


↓同上

トラギスのケンカ






↓2011/3/24/秋の浜/-19m/D300/
トラギス科の中では、やや大きめに成長する種です。顔のブルーのラインが綺麗です。

トラギス




↓同上:向かい合って・・ケンカ中。

トラギス

ハワイトラギス

ハワイトラギス
スズキ目
トラギス科

↓2010/9/17/秋の浜/-18m/CanonS90/
毎年姿を現す、派手なタイプのトラギスの仲間。名前もトロピカル・・・

ハワイトラギス幼魚

オヨギトラギス

オヨギトラギス
スズキ目
トラギス科
伊豆大島では、あまり見られないトラギスの仲間です。
08年にも姿を現しました。


↓09年9月26日:秋の浜:-26m:9cmくらい
しばらく見かけてないと思ったら・・・少し場所を移動していました。多分、同じ子だと思います。
今回は、泳いでいるシーンですが・・・かなり難しいです。

オヨギトラギス


↓09年8月15日:秋の浜:-30m:下の画像の個体と同一。
背鰭が開いていました。赤い斑点が、あります。

オヨギトラギス




↓09年7月23日:秋の浜:9cmくらい
うろうろしている所で目の前を泳ぐちょっと体色の目立つお魚・・・それが、この子でした。
トラギスの仲間は、基本的に地面に居るのですが、この種は名前の通りよく泳ぐ。
もちろん、地面にも居ます。

オヨギトラギス

伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。