> 伊豆大島 海の生き物達

ハシナガウバウオ

ハシナガウバウオ
スズキ目
ウバウオ科




↓2015/12/28/秋の浜/-15m/
ハシナガウバウオ



↓2012/9/29/秋の浜/-10m/XZ-1/
ハシナガウバウオ



↓2011/10/20/王の浜/-17m/G10/
ハシナガウバウオ



↓2011/9/14/秋の浜/-10m/D300/5cmくらいありました。この位のサイズになると目立つ。泳ぎ方も特徴があります。
ハシナガウバウオ



↓2010/10/7/王の浜/-15m/CanonG10/遊泳するタイプのウバウオの仲間です。ウバウオの仲間といえば、腹部の吸盤がよく発達しているのですが、この種に関しては・・・未発達。
ハシナガウバウオ

↓同上/NikonD300*トリミング画像
ハシナガウバウオ

アンコウウバウオ

アンコウウバウオ
スズキ目
ウバウオ科



↓2015/4/12/野田浜/-7m/2cm/
アンコウウバウオ



↓2012/2/5/野田浜/-2m/XZ-1/ちょっと石をめくって、そ~っと撮りました。基本的に姿が、あらわになっているのが嫌いみたいです。
アンコウウバウオ



↓2010年5月14日:王の浜:-3m付近:4cmくらい
ゴロタ地帯で石の裏の隙間に隠れているようです。めくると・・見つかります。体色は地味で、口先は、やや尖がり系。*canonS90
アンコウウバウオ

ミサキウバウオ

ミサキウバウオ
スズキ目
ウバウオ科

↓2014/11/16/秋の浜/-10m/ 何気なく撮影した写真を見ると、ミサキウバウオの背鰭が写っていました!!この容姿なので、背鰭はないと思ってました(@_@)
ミサキウバウオ



↓2013/9/30/ケイカイ/-6m/5cm/ トラウツボの体に乗ってクリーング中です。
ミサキウバウオ



↓2011/12/7/秋の浜/G10/普段は、鰭がよく解りませんが・・これは、背鰭と尻びれですか・・
ミサキウバウオ



↓2011/4/24/秋の浜/-10m/D300/このぐらいに時期から見られます。
ミサキウバウオ



↓2010/8/30/秋の浜/-3m/5mm/Canon/G10/口先の感じで・・・ミサキだと思いましたが、どうでしょ?
ミサキウバウオ幼魚



↓2010年5月3日:秋の浜:-11m付近:5.5cmくらい
伊豆大島では、一番良く見られる種です。どのポイントでも見られます。
腹鰭が、変化して吸盤のようになっている。
ミサキウバウオ

メシマウバウオ

メシマウバウオ
スズキ目
ウバウオ科

↓2014/7/30/野田浜/-1m/このエリアでは、ヘビギンポの産卵が盛んに行われていました。ここには、産み付けた新鮮な卵をすぎに食べちゃうメシマウバウオが見られました。
メシマウバウオ



↓2012/5/6/秋の浜/-4m/S90/下の画像の個体と同じ場所。
メシマウバウオ


↓2012/4/26/秋の浜/-4m/XZ-1/キビレヘビギンポを観察していたら、ピョンと出てきた。
そして、1個体を観察していたら・・もう1個体出てきた。そして・・同じ穴に入って行った。
メシマウバウオ
メシマウバウオ



↓2012/4/5/秋の浜/-4m/XZ-1/1.8cmくらいでした。前日に出会えて~逃げられて~この日は、コンデジで挑戦。
メシマウバウオ
メシマウバウオ



↓2011/4/17/秋の浜/-4m/S90/小型のウバウオの仲間です。背中の模様が特徴的です。
スズメダイの仲間などの岩肌に産み付けるタマゴを食べちゃう・・エッグイーターなのだ。*タマゴ好きって事。
メシマウバウオ
メシマウバウオ

ホソウバウオ

ホソウバウオ
スズキ目
ウバウオ科


↓2013/11/12/秋の浜/-3m/1.3cm/
ホソウバウオ



↓2012/11/21/秋の浜/-4m/2cm/XZ-1/
ホソウバウオ



↓2011/11/17/秋の浜/-3m/XZ-1/住処が見つかると、次も同じ場所で見られることが多い。この場所が安全地帯なのでしょう。
ホソウバウオ



↓2011/6/20/秋の浜/-3m/G10/住処が、安定しているからなのか・・・しばらく観察できています。
ホソウバウオ



↓2011/4/22/秋の浜/-3m/D300/
解りにくい写真でスミマセン。ちょうど岩の間に居たのでカメラが、入りません。
こんな場所が好きなんです。鼻先にラインがあり、背中にも模様が入っているのが特徴です。
ホソウバウオ

タスジウミシダウバウオ

タスジウミシダウバウオ
スズキ目
ウバウオ科


↓2011/12/13/秋の浜/-16m/D300/
シーズン中、全然眼にしませんでした。今シーズンは、数が少ないようです。

タスジウミシダウバウオ




↓2011/5/18/秋の浜/-6m/D300/
久しぶりに出会えました。寒い時期は、ウミシダの奥にでもいるんだろうか?

タスジウミシダウバウオ







↓2010/11/29/秋の浜/-12m/NikonD300/

タスジウミシダウバウオ





↓2010/11/15/秋の浜/-12m/NikonD300/
なかなかチャンスにめぐり合えず・・どうにか、今回GETです。

タスジウミシダウバウオ



↓2010/11/15/秋の浜/-20m/NikonD300/
赤系のウミシダに住んでいる子。ここには、もう1個体居ました。

タスジウミシダウバウオ




↓2010/11/11/秋の浜/-20m/NikonD300/
ウミシダ側の岩の上に居ることもあります。

タスジウミシダウバウオ




↓2010/11/8/秋の浜/-20m/NikonD300/
ここ数年出会う事ができなかった種です。毎年・・・って訳じゃないようです。
流れてくるお魚は、そんなものです。
このウバウオの仲間は、名前の通りウミシダに依存して生活しています。
ここに居れば、身の安全が確保出来る。今年は、この時期に数個体見つかりました。
しばらくこの子達が、僕を楽しませてくれる。

タスジウミシダウバウオ
伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示