> 伊豆大島 海の生き物達

コマチガニ

コマチガニ
カニ類
ゴカクガニ科
コマチガニ属
ウミシダ類に共生しています。


↓2016/7/28/秋の浜/-12m/
コマチガニ



↓20214/12/22/秋の浜/-6m/甲1.2cm/
コマチガニ



↓2014/8/10/秋の浜/-15m/
コマチガニ



↓2013/12/20/秋の浜/-28m/甲8mm/
コマチガニ



↓2012/12/6/秋の浜/-13m/甲幅1.2cm/XZ-1/
コマチガニ



↓2012/4/3/秋の浜/-14m/D300/甲幅:1.2cmくらい
コマチガニ



↓2011/4/16/秋の浜/-24m/S90/赤系のウミシダの仲間に住み着いていました。目立ちます。甲の部分は、幅5~6mmです。
コマチガニ



↓2011/4/12/秋の浜/G10/体にゴミが付着しています。
コマチガニ



↓2010/8/2/秋の浜/-12m/Canon/G10/面白いシーン。ちょうど脱皮が、終わった後・・・のようです。
コマチガニ脱皮



↓2009年12月18日:秋の浜:-15m:甲幅3mmくらい
かなり小さな個体でしたが、ちょっとだけ色が違うので見つけることが出来ました。
コマチガニ



↓09年10月11日:王の浜:-8m:甲幅5mmほど・・・
ホントに小さいので見つけにくいです。いい場所に着いていたら・・・偶然出会えます。
最近、秋の浜でも見かけました。同じ色のウミシダに着いていました。
この色のウミシダに居るのが、見つけやすいから?かも。
コマチガニ

トゲコマチガニ

トゲコマチガニ
カニ類
ゴカクガニ科
トゲコマチ属



↓2016/4/8/秋の浜/-6m/ ウミシダの奥の方に居て、見難い・・。ライトを当てると隠れちゃうし・・。
トゲコマチガニ



↓2011/4/19/秋の浜/D300/
トゲコマチガニ



↓2011/4/18/秋の浜/G10/
トゲコマチガニ



↓2011/4/10/秋の浜/-16m/G10/
トゲコマチガニ



↓2011/4/7/秋の浜/-16m/G10/
トゲコマチガニ

アシボソベニサンゴガニ

アシボソベニサンゴガニ
カニ類
サンゴガニ科
ベニサンゴガニ属
クダヤギに住み着くようだ。秋の浜では、クダヤギが浅い場所にはない。


↓2016/3/16/秋の浜/
アシボソベニサンゴガニ



↓2013/1/7/秋の浜/-33m/D300/
アシボソベニサンゴガニ



↓2012/4/3/秋の浜/-34m/D300/クダヤギの中にて。
アシボソベニサンゴガニ



↓2010/6/15/秋の浜/-30m/甲1cm/NikonD300/歩脚の各関節に橙黄色の横帯があるのが特徴です。今回はココで2匹見られました。
アシボソベニサンゴガニ

イソカイカムリ

イソカイカムリ
カニ類
カイカムリ科
カイカムリ属
カイメン類や群体ボヤなどを背負うのが、特徴のカニです。



↓2016/2/29/秋の浜/-26m/
イソカイカムリ



↓2016/1/24/秋の浜/-24m/ ジュズエダカリナのかけらを背負っている個体。
イソカイカムリ



↓2015/6/27/秋の浜./-23m/
カイカムリの仲間



↓2014/7/8/秋の浜/-32m/1cm/ ヤギの仲間の上に乗っていました。
カイカムリの仲間



↓2014/2/25/秋の浜/-28m/8mm/
カイカムリの仲間



↓05年5月10日:秋の浜
カイカムリ

ムラサキゴカクガニ

ムラサキゴカクガニ
カニ類
ケブカガニ科
ムラサキゴカクガニ属


↓2016/2/10/秋の浜/-10m/
ムラサキゴカクガニ
ムラサキゴカクガニ
ムラサキゴカクガニ

カニの仲間

カニの仲間
カニ類



↓2016/1/31/秋の浜/-10m/
カニの仲間

カニの仲間

カニの仲間



↓2016/1/10/秋の浜/-4m/
カニの仲間

ゼブラガニ

ゼブラガニ
カニ類
ゴカクガニ科
ゼブラガニ属


↓2015/12/31/秋の浜/-19m/ 今頃の季節は、イイジマフクロウウニをよく見かけるのですが・・ゼブラガニが乗っているのは稀。
ゼブラガニ



↓2013/8/20/秋の浜/-23m/甲1.4cm/
ゼブラガニ
ゼブラガニ



↓2011/10/12/秋の浜/-30m/D300/
まだ、小さめだったので・・綺麗な色です。イイジマフクロウウニに住み着いていました。
ゼブラガニ

ショウジンガニ

ショウジンガニ
カニ類
イワガニ科
ショウジンガニ属



↓2015/11/14/野田浜/-7m/ 交尾している最中のようです。
ショウジンガニ



↓2014/5/13/秋の浜/-9m/ 甲幅6mmくらい。まだ子供なのではっきりしませんが、タブン、ショウジンガニ。
ショウジンガニの幼体


↓09年7月25日:秋の浜:-10m お腹に抱かれているのは、タマゴ。
ショウジンガニ+タマゴ


ショウジンガニのメガロパ幼生?
通常は、水底に居る事が多いようです。 もちろん、出会えることはほとんどありませんが・・・。
このように、腹部に張り付居ているのは、キタマクラが、岩肌などにとどまって居る事がある為、 その時にたまたま張り付いてしまったのではないか?と考えられます。

↓05年5月14日:秋の浜:先日、キタマクラのお腹に張り付いていた種と同じような気がします。
今回は、水底にいました。  
カニ・メガロパ幼生 

↓05年4月18日:秋の浜:-3m


↓トリミング画像
226-05-4-18d.jpg

サンゴガニの仲間

サンゴガニの仲間
カニ類
サンゴガニ科



↓2015/10/26/秋の浜/-4m/
サンゴガニの仲間



↓2011/11/10/秋の浜/D300/ 大島では、このタイプが一番多いようです。
サンゴガニの仲間

ナマコマルガザミ

ナマコマルガザミ
カニ類
ワタリガニ科
マルガザミ属
名前の通り・・・ナマコに張り付いています。


↓2015/10/23/野田浜/ この模様は、初めて見た。
ナマコマルガザミ



↓2012/12/14/秋の浜/-15m/甲幅1.3cm/D300/
ナマコマルガザミ



↓2012/4/19/秋の浜/-15m/D300/大きめの個体でした。甲幅は、1.3cmくらい
ナマコマルガザミ



↓2010年3月29日:ケイカイ:-15mくらい:甲6mmくらい このナマコだと・・・目立ちます。
ナマコマルガザミ



↓2010年3月6日:秋の浜:-25m 丹念にナマコを探すと見つかるので・・通年見られるのだろう。*OLYMPUS C-760
ナマコマルガザミ



↓09年11月3日:秋の浜:-15m:甲4mmくらい
ナマコを見かけたら、ひっくり返して見る。てのを繰り返して探します。運が良ければ、見つかる。 *FinePixF31fd
ナマコマルガザミ



↓2009/1/21/秋の浜/甲幅1cmくらいの個体です。
ナマコマルガザミ

ベニツケガニ

ベニツケガニ
カニ類
ワタリガニ科
ベニツケガニ属



↓2015/7/18/秋の浜/-10m/ お腹にタマゴを抱いていました。
ベニツケガニ



↓2011/5/18/秋の浜/-10m/D300/
岩穴に隠れてやってました。秘め事は、そんなもんです。オスとメスでお腹の部分をくっつけて・・抱き合っています。
ベニツケガニ・交接



↓2010/7/8/秋の浜/-10m/CanonS90/
岩場でよく見られる種です。今回は、ちょっとした砂地に下りて食事中だったようです。鋏脚で砂の中をホジホジしていた。
ベニツケガニ

ヒメキンチャクガニ

ヒメキンチャクガニ
カニ類
オウギガニ科

↓2015/7/10/-10m/
ヒメキンチャクガニ



↓2010年4月5日:秋の浜:-3m付近:甲8mmくらい
撮影できたのは、今回が初めてです。いつもはどんどん逃げていく。キンチャクガニより逃げ足が速い?
ヒメキンチャクガニ

ノコギリガニ

ノコギリガニ
カニ類
クモガニ科
ノコギリガニ属
岩の隙間などでよく見かける種です。



↓2015/5/3/秋の浜/-10m/ ケンカしているのだろうか・・?
ノコギリガニ



↓2011/7/30/秋の浜/-10m/F31fd/ちょうど交尾中です。腹部をあわせています。
ノコギリガニ交尾



↓09年8月14日:秋の浜:-3m ペアで見られました。まだ、交接の体勢ではありませんが・・・準備段階ですね。
ノコギリガニ

アミメサンゴガニ

アミメサンゴガニ
カニ類
サンゴガニ科


↓2015/3/25/秋の浜/-16m/甲7mm/ 体が汚れてます。
アミメサンゴガニ



↓2015/1/20/秋の浜/-3m/甲6mm/
アミメサンゴガニ



↓2012/9/29/秋の浜/-11m/XZ-1/ 甲幅6mmくらいでした。
アミメサンゴガニ



↓2011/11/9/秋の浜/-6m/D300/ 体の模様が、スパイダーマンのような感じ。
アミメサンゴガニ

サンゴガニの仲間

サンゴガニの仲間
カニ類
サンゴガニ科


↓2015/3/6/ケイカイ/-9m/ このタイプは、初めてです。
サンゴガニの仲間
サンゴガニの仲間

ホシベニサンゴガニ

ホシベニサンゴガニ
カニ類
サンゴガニ科
ベニサンゴガニ属

↓2015/1/20/秋の浜/-34m/ 洗瓶タイプのウミカラマツに住んでいたペアの片方。お腹にタマゴあり。
ホシベニサンゴガニ



↓2013/12/1/秋の浜/28m/ お腹にタマゴを抱いていました。
ホシベニサンゴガニ



↓2013/5/24/秋の浜1/-28m/甲5mm/
ホシベニサンゴガニ



↓2011/10/25/秋の浜/30m/D300/網目状のウミカラマツの仲間に住み着いています。
ホシベニサンゴガニ

サメハダオウギガニ

サメハダオウギガニ
カニ類
オウギガニ科
サメハダオウギガニ属
浅場の砂礫・転石などの下に住み着いている。鮫肌なのが、名前の由来。
体色の変異があるようです。このタイプは、・・・かわいい!方。
地味タイプの方は・・・また、チャンスがあれば・・・。


↓2014/12/27/野田浜/-4m/甲8mm/ 石の下に隠れていました。
サメハダオウギガニ



↓09年3月11日:秋の浜:-3m:甲幅7mmくらい。
サメハダオウギガニ



↓09年3月11日:秋の浜:-3m:甲幅7mmくらい。
サメハダオウギガニ

ムラサキゴカクガニ

ムラサキゴカクガニ
十脚目
抱卵亜目
短尾下目
オウギガニ上科
ケブカガニ科
ムラサキゴカクガニ亜科
ムラサキゴカクガニ属



↓2014/12/20/秋の浜/-3m/ 久しぶりに見かけた。全身出てたのは、初めてかも。でも、棘がじゃまですね・・ 
ムラサキゴカクガニ



↓2012/10/25/秋の浜/-8m/XZ-1/ガンガゼの中央に入り込んで暮らしています。ちょうど頭の部分だけ見えました。
ムラサキゴカクガニ

アミメベニサンゴガニ

アミメベニサンゴガニ
カニ類
サンゴガニ科
ベニサンゴガニ属

↓2014/11/13/秋の浜/-32m/ ベニサンゴガニ属の1種として掲載している個体とは、背中の模様が違うようです。個体差なのか・・種の違いなのかよく解りませんが、こちらをアメミベニサンガニとしておきます。
アミメベニサンゴガニ

マルガザミ

マルガザミ
カニ類
ワタリガニ科
マルガザミ属
イソギンチャクの仲間と共生しています。


↓2014/11/9/秋の浜/ 鋏で持っているのは、エサのようです。
マルガザミ



↓2011/9/14/秋の浜/D300/観察していると・・側の小さな貝を捕まえて穿り出しながら食事を・・・
マルガザミ



↓2009年12月17日:秋の浜:-21m:
一風変わった湯船につかっているような・・・マルガザミ。 こんな場所でも住んでいるんですね。
マルガザミ

イソバナガニ

イソバナガニ
カニ類
クモガニ科
イソバナガニ属

↓2014/10/14/秋の浜/-10m/ 個人的には、初めて見る種です。かなり小さい個体でした。大島では、珍しいはず。
イソバナガニ
イソバナガニ

イソコンペイトウガニ

イソコンペイトウガニ
カニ類
クモガニ科
イソコンペイトウガニ属
ウミトサカ類に住み着くカニの仲間です。宿主のポリプに擬態しているので見つけにくい。
探す際には、トサカにダメージを与えないように注意が必要です。


↓2014/10/14/秋の浜/-11m/甲3mm 
イソコンペイトウガニ



↓2011/12/18/秋の浜/-16m/XZ-1/これは、大変解り難い場所に居ました。
イソコンペイトウガニ



↓2011/4/25/秋の浜/-20m/D300/
甲幅9mmくらいの子。綺麗系です。

イソコンペイトウガニ









↓2011/4/7/秋の浜/-18m/D300/
下の画像の個体が、住んでいた場所で・・小さな子、発見。子供かな?

イソコンペイトウガニ





↓2011/3/19/秋の浜/-18m/S90/
トゲトサカに住み着いています。甲幅は、1cm以上ある立派な個体です。

イソコンペイトウガニ






↓2011/2/27/秋の浜/-6m/CanonS90/
いつも観察しているトゲトサカを覗いてみると、不在でした。そこで、近くを探してみると・・やっぱりいましたね?

イソコンペイトウガニ






↓2011/2/20/秋の浜/-20m/CanonS90/
今の時期、数箇所で見られています。甲幅8?9mmくらい。

イソコンペイトウガニ





↓2010/12/15/秋の浜/-20m/NikonD300/
甲幅1.3cmくらいだろうか。最近の中では、立派なサイズです。

イソコンペイトウガニ





↓2010/11/3/秋の浜/-11m/NikonD300/
ちょうど小さな個体も見られる時期のようです。肉眼では、ほとんどポリプと同じ・・・

イソコンペイトウガニ・幼体




↓09年6月12日:秋の浜:10m:
以前から観察している子なのですが、やっぱり少しずつ成長するものですね?。
背景には、オハグロベラ?

イソコンペイトウガニ



↓05年5月6日:この時は、ちょうどペアで見られました。大きめなメスです。お腹が膨らんでいました。

イソコンペイトウガニ 


↓05年5月6日:やや小ぶりなオスです。

イソコンペイトウガニ

コブカラッパ

コブカラッパ
カニ類
カラッパ科
カラッパ属


↓2014/9/5/秋の浜/-3m/ 久しぶりに見た気がします。現地ガイドさんに教えてもらいました。動きが面白い(#^^#)
コブカラッパ

カイメンガニ

カイメンガニ
カニ類
クモガニ科
カイメンガニ属
体にカイメンやウミトサカ・イソバナなど・・いろんなものを取り付けて、ど派手な擬態をする。
取り付けたものが、ちゃんと生き生きとしている所が、不思議である。 甲は、洋ナシ形です。


↓2014/8/20/秋の浜/-5m/ 今回の子は、体中にウミトサカを装着しているタイプ。
カイメンガニ



↓2013/9/13/秋の浜/-4m/甲5cm/
カイメンガニ



↓2012/12/14/秋の浜/-10m/S100/
カイメンガニ



↓2012/4/7/秋の浜/-8m/XZ-1/甲幅5~6cmだろう。カイメン&ウミトサカ&イソバナなどでドレスアップ。
カイメンガニ



↓2011/10/22/秋の浜/-8m/S90/
カイメンガニ



↓2011/9/8/野田浜/-10m/S90/
甲幅、4~5cm。トゲトサカの中に住み着いていたので、この時は、何者か頭に浮かばなかった・・
でも、よく見るとトサカを付けたカイメンガニ? 定かではない。
カイメンガニ?



↓2010/9/5/秋の浜/-5m/Canon/S90/申し訳程度に・・カイメンで擬態。でも、これもかなり見つかりにくいだろう。
カイメンガニ



↓2010年4月24日:秋の浜:-7m付近:甲5.5cmくらい
久しぶりに出会えました。何処にいるか・・・解りますよね?!
カイメンガニ



↓2009年11月24日:野田浜:-11m:甲幅6cmくらい
ちょうど解りやすい場所に居ました。頭部に付けたカイメンは、立派ですな~
ちょっと・・・邪魔じゃないですか・・・。トナカイの角のようです。*CanonG10
カイメンガニ



↓09年3月8日:野田浜:-12m:甲幅4.5cmくらい。:先端部分にドングリガヤ?
カイメンガニ

マルタマオウギガニ

マルタマオウギガニ
カニ類
オウギガニ科
マルタマオウギガニ属



↓2014/7/21/秋の浜/-22m/甲9mm/ ちょっと怖めの顔ですね。
マルタマオウギガニ



↓2011/3/17/秋の浜/-20m/D300/ 甲幅は、8mmくらいでした。
マルタマオウギガニ



↓2010/6/12/王の浜/-17m/甲2cm/CanonS90/
これくらいが、この種の最大?くらいだろうか。こんもりした体形は、ピンポン玉のようだ。全然、動かなかった。
マルタマオウギガニ



↓09年10月18日:秋の浜:-11m:甲幅4mmくらい
ウミトサカの幹部分に穴を開けて住み着きます。 今回は、たまたま外に出ていたのでその存在が解りました。 *Nikon D300
マルタマオウギガニ

マツバガニ

マツバガニ
カニ類
イソオウギガニ科
マツバガニ属
秋の浜の壁コースで見かけることがあります。


↓2014/7/20/秋の浜/ 今回の個体もデカかった~。甲は20cmくらいありそう!
マツバガニ



↓2013/2/17/秋の浜/-3m/XZ-1/エントリーしてすぐの横穴にいました。
マツバガニ



↓09年7月18日:秋の浜;-24m:甲幅15cmくらい   丸々した感じ・・・
マツバガニ

アケウス

アケウス
カニ類
クモガニ科
クモガニ亜科
アケウス属


↓2014/7/19/秋の浜/-27m/
アケウス



↓2010年5月5日:秋の浜:-25m付近:甲1.7cmくらい 体にカイメンを着けている。綺麗なカイメンで・・・鮮やかな子。
アケウス

エダツノガニ

エダツノガニ
カニ類
クモガニ科
エダツノガニ属


↓2014/7/16/秋の浜/-25m/ 下の画像の個体とほぼ同じ場所で出会えた。同じ個体かも。
エダツノガニ



↓2014/1/29/秋の浜/-26m/
エダツノガニ
伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示