> 伊豆大島 海の生き物達

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソウシハギ

ソウシハギ
フグ目
カワハギ科



↓2018/1/27/秋の浜 
ソウシハギ



↓2015/8/17/秋の浜/-0.2m/12cm/
ソウシハギ幼魚



↓2013/10/14/秋の浜/-
ソウシハギ



↓2012/7/30/トウシキ/-0m/F31fd/タイドプール内のゴミにまみれていました。このエリアで数個体確認できました。7~10cmの個体
ソウシハギ幼魚



↓2011/1/22/秋の浜/-22m/FinePixF31fd/大きさは、35cmくらいありました。
ジットして居たのですが、この子の周りに他の魚が集まって・・怪しい光景だったので気が付きました。
ソウシハギ



↓2009/1/25/秋の浜/-8m/c760/45cmくらいの個体です。死んでるわけじゃないです。でも、見た目は・・
ソウシハギ

スポンサーサイト

ハクセイハギ

ハクセイハギ
フグ目
カワハギ科
センウマヅラハギ属


↓2017/10/14/野田浜 伊豆大島では、珍しい種です。
ハクセイハギ

アオサハギ

アオサハギ
フグ目
カワハギ科



↓2017/5/16/ 秋の浜 縄張り争いだと思います。
アオサハギ

アオサハギ

アオサハギ

アオサハギ

アオサハギ




↓2015/11/14/秋の浜/-9m/8mm/
アオサハギ幼魚



↓2012/7/9/秋の浜/-29m/XZ-1/ 2匹で怪しい行動でした。産卵のシーズンかもしれません。
アオサハギ

アオサハギ

アオサハギ

アオサハギ

アオサハギ



↓2011/10/7/秋の浜/-24m/D300/ウミトサカに寄り添っていました。
アオサハギ幼魚



↓2011/6/28/秋の浜/-10m/D300/久しぶりに出会えたアオサハギの幼魚です。1cmありません!この愛らしい体型は、なんともいえません。一番好きな子です。
アオサハギ幼魚

アオサハギ幼魚


↓2011/6/3/秋の浜/-27m/D300/最初は、体色も興奮状態だったんですが・・。ちょうどケンカをしていたようです。
アオサハギ
↓同上
アオサハギ
↓同上
アオサハギ



↓2011/4/19/秋の浜/-14m/D300/綺麗な場所に居ました。時々つついて食べています。
アオサハギ



↓2011/2/23/秋の浜/-25m/D300/2.5~3cmくらいの個体です。
アオサハギ



↓2010/6/11/秋の浜/-26m/4.5cm/NikonD300/
下3枚は、同じ時に撮影しました。アオサハギのオス同士です。繁殖の時期なのでしょうか・・オス同士が、ケンカモードです。激しさのない・・ケンカです。このくらいの争いの方が、相手に怪我もさせず、いいのでしょう。腹部が伸びて青くなる。
アオサハギ

アオサハギ

アオサハギ



↓2010年1月26日:秋の浜:-24m:2cmくらい  新年初のアオサハギでした。いい表情していました。
アオサハギyg



↓09年10月11日:秋の浜:-17m:5mmくらい
ここ2週間くらいの間で各ポイントでアオサハギの幼魚に出会えるようになりました。 このサイズは、確認できるサイズの最小?なのでは・・・。
アオサハギyg

ウスバハギ

ウスバハギ
フグ目
カワハギ科
ウスバハギ属
大きさは60cmにもなるそうです。ダイビング中に見かけるのは、30~40cmくらいが多い。
刺身・煮つけ・干物にもなります。



↓2016/2/27/秋の浜/-20m/30cm/
ウスバハギ



↓2012/2/19/秋の浜/-20m/XZ-1/今シーズンも時々出会えるウスバハギ。大きいので目立つ。ジットしている時は、クリーニングされていることが多いです。
ウスバハギ



↓2010年1月19日:秋の浜:-20m:35cmくらい  警戒心が強くよく逃げられています。今回は、産卵床の残骸に隠れて撮影してみました。
ウスバハギ

アミメハギ

アミメハギ
フグ目
カワハギ科
アミメハギ属


↓2016/2/19/秋の浜/-23m/3.5cm/
アミメハギ

ノコギリハギ

ノコギリハギ
フグ目
カワハギ科


↓2015/9/29/秋の浜/ 今年は、例年よりも個体数多めです。
ノコギリハギ幼魚



↓2013/10/10/秋の浜/-29m/1.5cm/
ノコギリハギ幼魚



↓2011/10/26/秋の浜/-18m/D300/
ノコギリハギ幼魚



↓2011/8/25/秋の浜/-29m/C760/ウミトサカに住み着いていました。体の模様が、ブラウン系でした。
ノコギリハギ幼魚



↓2010/11/8/秋の浜/-20m/NikonD300/
毎年、数個体出会うことができる種です。成長すると10cmくらいになるそうですが、大島では、幼魚のみ。
この個体で全長1.5cmくらい。
ノコギリハギ幼魚

メガネウマヅラハギ

メガネウマヅラハギ
フグ目
カワハギ科
センウマヅラハギ属

↓2015/1/8/秋の浜/-22m/17cm/ 下の写真の個体とタブン・・同一です。
メガネウマヅラハギ



↓2014/12/17/秋の浜/-22m/13cm/
メガネウマヅラハギ

アミメウマズラハギ

アミメウマズラハギ
フグ目
カワハギ科

↓2014/9/3/秋の浜/ やけに黒っぽく見えました。よく見るとアミメの模様があります。
アミメウマズラハギ



↓2014/7/17/秋の浜/  地味ですが・・大島では出会う機会が少ないです。
アミメウマズラハギ

ヨソギ

ヨソギ
フグ目
カワハギ科



↓2018/3/4/秋の浜
ヨソギ



↓2013/5/9/秋の浜/-28m/9cm/
ヨソギ



↓2011/4/7/秋の浜/-21m/D300/
アカホシカクレエビの住んでいるヤギの仲間の側で・・クリーニング待ちのようです。
ヨソギ



↓2011/2/23/秋の浜/-24m/F31fd/
こんなシーンを時々見かけます。7cmくらいの個体。
ヨソギ



↓2010/8/25/秋の浜/-30m/Canon/S90/
砂地で2匹で居ました。一緒に餌を食べている。
そういえば・・・どうやってオスとメスを判別するんだろ?
調べてみると、吻の背縁の違い。オス=凸 メス=凹む。
オスは、尾鰭が糸状に伸びる。この写真だと、解りにくいな~
ヨソギのペア



↓2010/7/11/秋の浜/-25m/7cm/OLYMPUS/C-760/
最近、トサカに寄り添っていたり、写真のように水底に横たわるようなシーンに出会える。
これって・・・隠れているの?今回は、2匹だったので・・別の意味か?
上の写真と比べるとカワハギっぽく感じる。小さな頃は、こんなものか。
ヨソギのペア

カワハギ

カワハギ
フグ目
カワハギ科


↓2014/6/16/秋の浜/-18m/2.7cm/
カワハギ幼魚



↓2011/8/4/秋の浜/-18m/F31fd/
幼魚の頃は、アミメハギに似ている。体の模様が、網目模様ではないし・・カワハギのように思うのですが・・
カワハギ幼魚



↓2011/1/29/秋の浜/-18m/CanonS90/
ゲストさんが、言ってました。ちょうど美味しい季節だとか・・・そんな事が、頭を巡りながらパチリ。
カワハギ



↓2010/11/28/秋の浜/-20m/CanonS90/
散策していると、こんな光景に出会えました。砂地にゴロンと寝転んだ?カワハギです。
体に傷があるわけでもなく、ただ横になっている?だけ。その上には、ホンソメワケベラがクリーニングです。面白いシーンです。
カワハギ



↓2010年4月20日:秋の浜:-22m付近:20cmくらい
今日は、やや薄暗い海の中でこんな光景に出会えました。産卵行動です。今日の水温17℃くらい。やや流れあり。こんな条件が、ポイントなのでしょうか。
カワハギの産卵行動
①オスがメスの体を口先でつついて刺激を与えています。
カワハギの産卵行動
②メスは、水底の砂を口で払うような行動。
カワハギの産卵行動
③右側の背鰭からちょろりと長いものが出ているのが、オスです。
カワハギの産卵行動
④オスは、立ち去るところ。メスは、産卵した場所の上で体を横にしてクルクル回り始めました。

ヒゲハギ

ヒゲハギ
フグ目
カワハギ科
ヒゲハギ属


↓2013/6/22/秋の浜/-1m/17cm/ 初めて見ました!設置されているフロートの側に居ました。
ヒゲハギ
ヒゲハギ

ウマヅラハギ

ウマヅラハギ
フグ目
カワハギ科


↓2014/7/20/秋の浜/-17m/5cm/ ウミトサカに寄り添っていました。
ウマヅラハギ幼魚



↓2012/5/24/秋の浜/-18m/S90/
これで15cmくらい。小さな頃に比べて、細長くなってきている。このサイズは、あまり見かけない。
ヨソギ



↓2011/6/18/秋の浜/-2m/S90/梯子の側でうろうろしていた子です。体型は、ヨソギに似てるな~でも、住んでる環境が違う。
流れ藻にでも乗ってきた子だろうか・・。4cmくらい。
ウマズラハギ幼魚

伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。