> 伊豆大島 海の生き物達

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハナキンチャクフグ

ハナキンチャクフグ
フグ目
フグ科
キタマクラ属


↓2017/5/19/秋の浜 幼魚サイズです。
ハナキンチャクフグ幼魚



↓2014/7/16/秋の浜/-10m/2.5cm/
ハナキンチャクフグ



↓2014/4/29/秋の浜/-12m/1.2cm/
ハナキンッチャクフグ幼魚



↓2012/1/22/王の浜/-12m/S90/毎年、各ポイントで観察できる種です。これは、成長した個体。
ハナキンチャクフグ
スポンサーサイト

シボリキンチャクフグ

シボリキンチャクフグ
フグ目
フグ科


↓2016/12/9/秋の浜
シボリキンチャクフグ幼魚



↓2013/10/12/秋の浜/-10m/3cm/ 段下エリアに登場した個体
シボリキンチャクフグ幼魚



↓2011/11/27/秋の浜/-3m/XZ-1/
シボリキンチャクfグ幼魚

シボリキンチャクフグ幼魚



↓2011/11/26/秋の浜/-3m/XZ-1/
こんなかわいらし体型のステージは、初めて見ました。1cmくらい。
継続観察して、成長過程を見たかった!のですが・・やっぱり行方不明に・・
シボリキンチャクフグ幼魚

シボリキンチャクフグ幼魚



↓2010/12/13/秋の浜/-12m/CanonS90/
見慣れないフグ科の幼魚を見かけたので、必死で撮影したのが、コレ!
岩の隙間をうろうろしていただけなので、見られたのはこの時だけ。大島では、珍しいお魚です。
シボリキンチャクフグ幼魚

シマキンチャクフグ

シマキンチャクフグ
フグ目
フグ科
カワハギ科のノコギリハギは、この種に擬態している。*有毒なので。



↓2016/12/16/秋の浜
シマキンチャクフグ幼魚



↓2016/11/29/秋の浜
シマキンチャクフグ幼魚



↓2012/11/8/秋の浜/-6m/4.5cm/XZ-1/
シマキンチャクフグ



↓2010/11/20/王の浜/-18m/CanonS90/最初見た時は、ノコギリハギだと思った。後で写真をみて・・・???と思い調べてみると、これだろう!って事に。
シマキンチャクフグ

ホシフグ

ホシフグ
フグ目
フグ科
モヨウフグ属


↓2015/7/30/秋の浜/-28m/ 25cm/ 大島では、大変珍しい種。
ホシフグ

ショウサイフグ

ショウサイフグ
フグ目
フグ科


↓2013/7/31/秋の浜/-3m/14cm/ 判断がつきません・・のでこちらに掲載しておきます。
ムシフグ?



↓09年7月14日:野田浜:-1m:13cmくらい
神奈川県立生命の星・地球博物館: 瀬能 宏先生に質問してみました。
以下、ご回答です。
ショウサイフグに同定されます.フグの仲間の分類には色彩が重要ですが,
いろいろな組み合わせで交雑するらしく,斑紋での同定に迷うこともあります.
ムシフグはそんな中で本当に独立した種として存在しているのかどうか疑問が持たれているうちのひとつです.
ただ,今回のものは比較典型的なショウサイフグになります.

キタマクラ

キタマクラ
フグ目
フグ科


↓2013/3/24//秋の浜/-24m/1cm/
まれにこんな色の幼魚に出会えます。
キタマクラ幼魚



↓2012/5/2/秋の浜/-15m/XZ-1/
オス同士で見合っている所。この後は、相撲のようにブツカリ・・この間合いが、面白い。
キタマクラのケンカ



↓2012/4/25/秋の浜/-9m/XZ-1/
2cmくらい。今の時期、幼魚が増えてきます。
キタマクラ幼魚



↓2012/2/26/秋の浜/-18m/XZ-1/
ケンカの最中には、お腹の下の部分を広げて体を大きく見せるような事をします。
この睨み合いの後に攻撃。この時に、3回ほど攻撃をしたのち・・引き分けなのか?2匹は、離れていきました。
キタマクラ

キタマクラ



↓2010/7/24/秋の浜/-10m/8cm/CanonS90/
2匹が、向かい合って少し距離を保っていた。ススッと近づいて口と口を近づける。
キスしそう・・・。でもこれは、ケンカのようですね。
キタマクラ



↓2010/6/28/秋の浜/-16m/8cm/CanonS90/
伊豆大島では、個体数の多い種です。7月頃から幼魚の姿が見られる。
写真・左は、オスと思われます。求愛をする時にこんな色になります。
キタマクラ



↓2008/11/6/秋の浜/-6m/D300/
時々見かける光景なのですが・・・どんな意味があるんでしょう?
寄り添いたい気持ちは、生き物の本能?
キタマクラのペア

サザナミフグ

サザナミフグ
フグ目
フグ科
毎年1回くらい?出会えるフグの仲間です。


↓2013/1/6/秋の浜/-19m/XZ-1/
何故か・・水底にゴロンとしていた。

サザナミフグ



↓2012/10/5/秋の浜/-26m/XZ-1/
動かないで水底に居ました。背中にコバンザメの仲間。

サザナミフグ+コバンザメ



↓2011/12/12/秋の浜/-15m/XZ-1/
今回は、少し浅めの場所で出会えたのでどうにか・・撮影出来ました。どんどん逃げます。

サザナミフグ



↓2011/11/7/秋の浜/G10/
立派なサイズ。

サザナミフグ



↓09年9月15日:秋の浜:-14m:25cmくらい
浅場へ移動中に出会えました。やや逃げ腰の子だったのですが・・・どうにか、証拠写真。

サザナミフグ

伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。