> 伊豆大島 海の生き物達

ゴマテングハギモドキ

ゴマテングハギモドキ
スズキ目
ニザダイ科


↓2016/7/24/秋の浜/
ゴマテングハギモドキ



↓2012/4/7/秋の浜/-30m/XZ-1/
20cmくらい。幼魚サイズは、梯子の側で見られたりします。今回は、この1個体だけ。イトフエフキと一緒にいました。
ゴマテングハギ

クログチニザ

クログチニザ
スズキ目
ニザダイ科




↓2015/12/27/秋の浜/-15m/ 真っ黄色なので目立っていました。
クログチニザ幼魚



↓2011/12/13/秋の浜/-8m/D300/
今シーズン見られている個体は、あまり移動せずに観察できています。
寒さとともに動きが鈍っている様子。
クログチニザ



↓2011/11/10/秋の浜/-10m/D300/
クログチニザ幼魚



↓2011/9/26/秋の浜/S90/下の個体と同一。眼の部分でも違いが解ります。
クログチニザ幼魚



↓2011/9/23/秋の浜/S90/大きさは、4.5~5cmくらいかな。ヘラルドコガネヤッコに擬態?
クログチニザ幼魚

コクテンサザナミハギ

コクテンサザナミハギ
スズキ目
ニザダイ科


↓2015/10/9/秋の浜/-12m/
コクテンサザナミハギ幼魚



↓2015/8/21/秋の浜/-12m/3.3cm/
コクテンサザナミハギ幼魚



↓2013/8/28/秋の浜/-8m/5cm/
コクテンサザナミハギ幼魚



↓2010/12/4/秋の浜/CanonG10/
コクテンサザナミハギ幼魚



↓2010/11/8/秋の浜/CanonG10/幼魚の頃は、尾鰭が黄色です。背鰭の後方の基点に1つ黒班&尻鰭後方の基点に1つ黒班
コクテンサザナミハギ幼魚

ニザダイ

ニザダイ
スズキ目
ニザダイ科



↓2015/4/26/秋の浜/-10m/ クリーニング中です。
ニザダイ
ニダザイ



↓2014/7/6/秋の浜/-5m/25cm/ クリーニングを受けていました。こんな時には、体色が良く変わります。
ニザダイ



↓2011/10/7/秋の浜/-3m/D300/
立派な成魚が、たくさん見られます。幼魚も多い。これは、7cmくらいでした。
ニザダイ幼魚

モンツキハギ

モンツキハギ
スズキ目
ニザダイ科
クロハギ属


↓2013/9/15/秋の浜/-4m/3cm/ 2匹ともモンツキハギ。大きさは、ほぼ同じなのですが、後ろの子は体が透けてる。
モンツキハギ幼魚



↓2010/6/16/秋の浜/-11m/2.4cm/NikonD300/隣のソラスズメダイと一緒に居る。
モンツキハギyg



↓2010/6/11/秋の浜/-11m/2.5cm/CanonG10/
季節来遊のお魚が出始める頃。この種は、最初の段階で出始めるようです。
海中で黄色は、目立ちます。この写真は、幼魚。成長すると体色が変化しますが・・・大島では、成長できません。
モンツキハギyg



↓2008/11/6/秋の浜/D300/
モンツキハギ幼魚

ナンヨウハギ

ナンヨウハギ
スズキ目
ニザダイ科


↓2012/10/31/秋の浜/-11m/D300/

ナンヨウハギ幼魚



↓2012/9/5/秋の浜/-8m/XZ-1/
今年は、この場所で2個体見つかりました。
水温が高めの時は、サンゴから離れて元気に泳いでいました。

ナンヨウハギ幼魚

ニセカンランハギ

ニセカンランハギ
スズキ目
ニザダイ科
ニザダイ属



↓2011/10/7/秋の浜/-3m/D300/
毎年、姿を見せる種。数は、まずまず多めです。
浅場でよく見かけるのですが・・・なかなか撮れない。
ニセカンランハギ幼魚

ミヤコテングハギ

ミヤコテングハギ
スズキ目
ニザダイ科

↓2011/10/9/王の浜/-14m/
大きさは、9cmくらい。個人的には、初確認。
写真なし

ニジハギ

ニジハギ
スズキ目
ニザダイ科


↓2011/9/12/秋の浜/-3m/C760/
浅場に登場します。

ニジハギ幼魚

シマハギ

シマハギ
スズキ目
ニザダイ科

↓2010/12/1/秋の浜/-3m/CanonG10/
浅場に姿を現す種。今年は、ちょっと・・・少ないな~

シマハギ幼魚
伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示