> 伊豆大島 海の生き物達

ムスメハギ

ムスメハギ
フグ目
モンガラカワハギ科



↓2016/9/28/秋の浜
ムスメハギ幼魚



↓2011/12/13/秋の浜/-10m/D300/
ムスメハギ



↓2011/11/27/秋の浜/-10m/XZ-1/よく眼にするようになってから、同じ場所に住み着いていました。隠れる穴も同じ。これで8~9cmでした。
ムスメハギ

モンガラカワハギ

モンガラカワハギ
フグ目
モンガラカワハギ科


↓2014/9/3/野田浜/ 昔・・南部で成魚を見た記憶があります。幼魚は、初めてかな・・?
モンガラカワハギ幼魚

アミモンガラ

アミモンガラ
フグ目
モンガラカワハギ科

↓2012/7/30/トウシキ/-0,2m/F31fd/
タイドプール内に居ました。この時は、かなりの個体数が確認出来ました。
水面を漂っていました。2~4cmくらい。写真の個体は、3cmくらいでした。

アミモンガラ幼魚

アオスジモンガラ

アオスジモンガラ
フグ目
モンガラカワハギ科

↓2011/12/26/秋の浜/-16m/S90/
岩の亀裂に入り込んでいた所を発見。16cmくらいでした。
個人的には、初めて見た種です。

アオスジモンガラ

アオスジモンガラ

ツマジロモンガラ

ツマジロモンガラ
フグ目
モンガラカワハギ科


↓2011/10/23/秋の浜/-9m/G10/
成長して8~9cmくらいです。大幅に移動する事もなくいつも同じ場所です。
隠れる場所を決めているようです。

ツマジロモンガラ





↓2011/9/13/秋の浜/-3m/C760/
毎年、姿を見せてくれます。

ツマジロモンガラ幼魚

ゴマモンガラ

ゴマモンガラ
フグ目
モンガラカワハギ科
お魚の先生・瀬能先生よりご意見を頂きました。
記:多くの図鑑でゴマとキヘリがひっくり返っています.
尾部の斑紋が第2背鰭から臀鰭にかけて連続していればゴマ,途切れていればキヘリです.

↓2010/12/13/王の浜/-2m/CanonS90/
王の浜の湾内では、この手の幼魚がよく見られる。カメラを構えるといつでも隠れられるように穴の前に・・・

ゴマモンガラ幼魚


↓同上

ゴマモンガラ幼魚

タスキモンガラ

タスキモンガラ
フグ目
モンガラカワハギ科


↓2010/12/15/秋の浜/-3m/CanonG10/
大島で見られるのは、幼魚だけのようです。大きさは、3.5cmくらいでした。
寄ると岩の隙間へ逃げ込む。

タスキモンガラ幼魚

ムラサメモンガラ

ムラサメモンガラ
フグ目
モンガラカワハギ科

↓2010/6/25/王の浜/-1.5m/2cm/CanonS90/
自分では、判断出来なかったので瀬能先生に質問してお返事をもらいました。

ムラサメモンガラ
伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示