> 伊豆大島 海の生き物達

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キンギョハナダイ

キンギョハナダイ
スズキ目
ハタ科
伊豆大島で一番個体数が、多くポピュラーな種です。
メスから性転換してオスになると、別種のようになり立派。
オスだけの集団を作る事もある。



↓2013/10/10/秋の浜/-10m/2.2cm/ 上が、黄色の子。下は、普通の体色です。
キンギョハナダイ・黄色



↓2011/7/2/秋の浜/-12m/S90/
キンギョハナダイ・オス



↓2011/7/2/秋の浜/-22m/S90/
キンギョハナダイ・メス



↓2011/3/25/秋の浜/-11m/D300/下の画像の個体と同じだと思います。
キンギョハナダイ・色彩変異



↓2011/2/7/秋の浜/-13m/NikonD300/
普通の体色のメスと一緒に泳いでいました。黄色タイプの色彩変異個体です。これで8cmくらいありました。
キンギョハナダイ・色彩変異



↓2010年4月25日:秋の浜:-22m付近:9cmくらい
メスと一緒に泳いでいる所をパチリ。メスは、ノンビリした雰囲気ですが・・・オスは、動きますね~
キンギョハナダイ



↓09年2月16日:秋の浜:-25m
キンギョハナダイ・オス

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。