> 伊豆大島 海の生き物達

ベニカエルアンコウ

ベニカエルアンコウ
アンコウ目
カエルアンコウ科
伊豆大島の秋の浜では、定番中の定番!人気者であります。
産卵も行っている。 幼魚は、浮遊した後、水底に居るようです。
小さな子を見つけるのは、稀。居るのだろうが・・・見つからない。


↓2015/8/21/秋の浜./-23m/
ベニカエルアンコウのペア



↓2014/6/27/秋の浜/-3m/9cm/ 梯子の側の水底にゴロンと落ちてました。鰭ビンビンの状態です。
ベニカエルアンコウ



↓2012/8/2/秋の浜/-23m/D300/
2cmくらいの幼魚でした。小さな頃は、体は綺麗。今年は、成魚の数もかなり減少してしまっている。
ベニカエルアンコウ幼魚



↓2011/7/19/秋の浜/-13m/D300/
久しぶりに小さな子と出会えた。これで2.5cmくらい。
ベニカエルの場合、この位のサイズだともう写真では、小さいかどうか解り難いですね。
左下側にワレカラの仲間を入れてみたので、比較になりますか?
ベニカエルアンコウ幼魚



↓2011/7/17/秋の浜./-10m/F31fd/産卵の時期。各所で眼にとまります。この個体は、卵がお腹にあってパンパンなメスです。
ベニカエルアンコウ・メス



↓2011/7/2/秋の浜/-11m/S90/
移動中でした。立ち寄った場所に・・ナガサキスズメダイが、居て怒ってます。
尾鰭が、顔の前をピラピラ・・
ベニカエルアンコウ・遊泳



↓2011/6/25/秋の浜/-12m/S10/
ちょっと解りにくいのですが・・左側にオス・右側に汚いメスです。
翌日には、もう居ませんでした。夜に産卵したようです。
ベニカエルアンコウのペア



↓2011/6/24/秋の浜/-10m/S90/左側:オス 右側:メスです。 メスは、アクビ・・ 
ベニカエルアンコウのペア



↓2011/5/28/秋の浜/-13m/S90/
地の色は、オレンジなのでしょうが・・かなりの部分に汚いものが張り付いています。
これで全て覆われたら・・・見つからないでしょ。
ベニカエルアンコウ



↓2011/4/9/秋の浜/-7m/D300/特徴のよく解るポーズで居てくれました。体中央の赤点もハッキリ。
ベニカエルアンコウ

ベニカエルアンコウ



↓2011/3/27/秋の浜/-17m/D300/
ココ1ヶ月くらいの間に、いつもより多くのベニカエルアンコウと出会えています。
昨年は、イロカエルアンコウやクマドリカエルアンコウが多い年だったのですが・・・
今年は、ベニの年なのか?
でも、通年居る種なのでタマタマの出会いなのかもしれませんので~僕の勝手な予測です。
ベニカエルアンコウ



↓2011/2/19/秋の浜/-12m/CanonS90/ベニカエルアンコウらしい・・・汚れ方です。7cmくらい。
ベニカエルアンコウ



↓2011/2/13/秋の浜/-14m/CanonS90/体の中央には、赤い丸の中に白い丸。6cmくらい。
ベニカエルアンコウ



↓2010/11/26/秋の浜/-4m/CanonG10/
見るたびにこの子は、ベニか?と疑問を感じていたので、瀬能先生に質問したのですが、ベニとご意見を頂きました。
ベニカエルアンコウ

ベニカエルアンコウ



↓2010/6/17/秋の浜/-9m/9cm/NikonD300/秋の浜の段下エリアで見られた白系の個体。なぜか・・・よく口をパクパクさせていた。
ベニカエルアンコウ



↓2010年4月21日:秋の浜:-10m付近:7cmくらい
いつもこんな感じで見つけにくいのであります。これを擬態・・・という。*・・て知ってますね。
少しお腹が出ていましたが・・・食後かな?
ベニカエルアンコウ



↓2010年3月19日:秋の浜:
ベニカエルアンコウ



↓2010年3月13日:秋の浜:
ベニカエルアンコウの最終兵器!?エビ?に似たこれを振り回して・・・バクリって。
ベニカエルアンコウのエスカ



↓2010年3月3日:秋の浜:-10m:9cmくらい
ちょうど眼の上にあるのが、エスカ。エビに似ています。これを振って獲物を誘き寄せ・・・パクリ。
ベニカエルアンコウ



↓09年7月25日:秋の浜:-8mくらい:6cmくらい
産卵の時期は、オスはよく移動しています。運が良ければ、その瞬間に出会えます。
こんな時は、のんびりしている場合じゃない!とにかく撮るべし!
*C-760UZ:トリミング画像
ベニカエルアンコウ・遊泳



↓09年7月19日:秋の浜:-10m:6cmくらい
段下のエリアをうろうろしている個体です。ちょっと解りにくいのですが・・・泳いでいます。
ベニカエルアンコウ・遊泳



↓09年7月15日:秋の浜:-16m:
各鰭、ばっちり広げてます。もしかして・・・近くに他のオスが居たのか? 怒っているように見えます。
ベニカエルアンコウ



↓09年6月10日:秋の浜:-15m:7cmくらい
この体色は、ちょっと見つけにくいです。お腹が大きめでメスだと思われます。 顎の無精ヒゲ?が、ナイス。
ベニカエルアンコウ




↓09年5月19日;秋の浜:-10m:
下の個体とかなり似た感じの汚さだ。お腹がやや膨らんでいる。メスかも・・・。
ベニカエルアンコウ



↓09年4月9日:秋の浜:-10m:8.5cmくらい
08年の秋頃からほぼ同じ場所で観察できている個体です。
産卵時期には、お腹が大きな姿も見られています。 こんな汚い体色の個体も・・・珍しい。
ベニカエルアンコウ

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示