> 伊豆大島 海の生き物達

モクズショイ

モクズショイ
カニ類
クモガニ科
モクズショイ属
岩の隙間などに入り込んでいる所をよく見かけます。
伊豆大島では、甲の幅が、5cmくらいの個体を良く見ているので、全体では10cm以上ありまずまずの見応えです。
”藻屑背負い”が、名前の由来だそうです。




↓2016/9/26/秋の浜/ 脱皮した後・・左が脱ぎ捨てたあと。 
モクズショイ脱皮



↓2013/10/6/秋の浜/-8m/ 脱皮した後の様子。体にカイメンは全くなし。当たり前か・・
この後、カイメンを取り付けるのでしょう。
モクズショイ
モクズショイ



↓2011/8/4/秋の浜/-10m/F31fd/体に付けたカイメンは、黄色に統一。
モクズショイ



↓2011/7/3/秋の浜/-6m/S90/海藻の上をゆっくり移動中。
モクズショイ



↓2011/2/27/秋の浜/-7m/CanonS90/オレンジのカイメンを多めに使用していますね。
モクズショイ



↓2010/11/25/秋の浜/-11m/NikonD300/体一面に綺麗に貼り付けたものですね~
モクズショイ



↓2009年11月24日:秋の浜:-5m:
岩場の窪みに2匹で入り込んでいました。
ちょっと人為的な匂いを感じますが・・・ここ数日、こんな感じです。
これってペアなのでしょうか・・・もしそうなら、タマゴを抱いていたり・・・?*CanonG10
モクズショイ



↓09年2月26日:秋の浜:-3m:甲幅5cmくらい
モクズショイ

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示